NEW
小林敦志「自動車大激変!」

日産&三菱の「軽EV」はEV普及が進まない日本の車事情を変えるのか?

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】, ,

 今時、エンジン始動はボタンを押すプッシュスタートが主流だが、ドライバーが任意に“始動”させなくても、乗り込むと自動的にスタンバイ状態になったり、ボンネットが開かないBEVなどが欧州ブランドにはあるが、こんなちょっとした部分でも「やっぱり内燃機関車と違うんだな」と、オジさん世代の筆者でもなんだかワクワクして試乗している。

 まだ日本が元気いっぱいだった頃、携帯型カセットテープ再生機(録音機能があるものもあった)や、温水洗浄便座など生活様式を一変させるような製品を世に送り出し、世界から注目された。温水洗浄便座を開発した様子を取り上げたテレビ番組を見たとき、番組内で開発に携わった人が「それまで世の中になかった新しいプロダクトはワクワクしたものを与えなければ売れない」といったことを語っていた。

 現状のBEVは、まさに内燃機関車からBEVへ乗り換えることによるライフスタイルの変化に対する“ワクワク感”を消費者に与えないと、なかなか普及は進まないだろう。

 このあたりは、そう遠くない時期に軽自動車業界の二大巨頭ともいえるスズキとダイハツが共同開発するともいわれているが、軽自動車規格のBEVをリリース予定としている様子。ガソリンエンジンを搭載する軽自動車を見ても、両社のラインナップは多彩で実にユニークなモデルも多い。ワクワクする軽BEVの登場は、スズキやダイハツにおおいに期待したいところである(日産や三菱の軽自動車の販売規模ではラインナップの多様化は難しく、売れ筋に特化せざるをえない事情もある)。

“軽規格BEVなので補助金込みで200万円を切って買える”ということも強調しているが、現状の軽自動車ユーザーをターゲットにしているのなら、軽自動車ユーザーは確かに日々の維持費などにはシビアなので、その点では燃料がガソリンから電気になることへのメリットはあるが、軽BEVの購入時、いわゆる初期コストはたとえ補助金が期待できるとはいえ、負担が大きい(カスタム系の最上級軽トールワゴンに乗っているユーザーなどは支払総額ベースでは許容範囲なのかもしれないが/軽自動車でも二極化が激しい)。

 販売現場でも「軽自動車ユーザーへのアプローチは難しい」との声も大きい。そして、登録コンパクトカーやそれ以上の大きいクルマに乗っている人のダウンサイズニーズが期待できるとしている。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合