NEW

「メルカリ」「楽天ラクマ」「PayPayフリマ」の送料を徹底比較してみた!

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2022年6月16日から、人気No,1のフリマアプリ「メルカリ」は、送料の大部分を値上げすると発表した。この送料改定では、人気の匿名配送「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」も対象になっている。送料込みで出品していれば、送料の値上げ分だけメルカリでの利益が減ってしまうのだ。そこで今回は、ライバルの「楽天ラクマ」「PayPayフリマ」などと送料を徹底比較してみたいと思う。

メルカリの送料が6月16日から最大150円も値上げに!

メルカリが、2022年6月16日から配送サービスの利用料金を値上げするのはご存じだろう。今回の改訂では、なんと最大150円も値上げされることになった。

メルカリでは、出品の際に商品が売れやすくなるよう、送料を出品者負担にしていることが多いと思うが、今回の送料値上げで利益が減ってしまうことに……。


●メルカリびより「メルカリ便の配送サービス利用料金改定のお知らせ」→こちら

メルカリ便の配送サービス利用料金改定のお知らせ
(Image:jp-news.mercari.com) 2022年6月16日より、らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便のサービス料金が改定される(画像は「メルカリびより」公式サイトより引用)

というわけで、この送料値上げを機に「楽天ラクマ」「PayPayフリマ」といったライバルのフリマアプリに乗り換えてしまおうと考えている人も多いのではないだろうか? 

実際、販売手数料もメルカリが10%といちばん高く、「楽天ラクマ」は6.6%、「PayPayフリマ」は半額の5%なのだ。

サービス 販売手数料 1000円の商品が
売れた場合の販売手数料
メルカリ 10% 1,000円×10%=100円
楽天ラクマ 6%+税 1,000円×6%+税=66円
PayPayフリマ 5% 1,000円×5%=50円

3大フリマアプリの販売手数料を比較してみた。PayPayフリマは5%でなんとメルカリの半額! 楽天ラクマもアリも6.6%なのでメルカリよりは安くつく(表は各フリマアプリサイトで調査して編集部で作成)

ヤマト運輸の送料はPayPayフリマが圧倒的に安い!

3大フリマアプリの「メルカリ」「楽天ラクマ」「PayPayフリマ」は、それぞれ独自の配送サービスを提供している。

送料込みで出品することが多いフリマでは、送料が利益に直結する。そこで今回は、各フリマアプリで利用できる配送サービスのヤマト運輸と日本郵便の料金を比較してみたいと思う。

まずはヤマト運輸から見て…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合