NEW

「povo2.0」の基本料0円と、楽天モバイルの1GBまで0円は何が違うの?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

楽天モバイルが“月1GBまで0円廃止”を発表してから、にわかに注目されたのが基本料0円の「povo2.0(ポヴォ)」だ。でも、楽天モバイルの0円とpovo2.0の0円って何がどう違うのだろうか? そこで今回は、楽天モバイルの月1GBまで0円とpovo2.0の基本料0円は、何がどう違うのか解説したいと思う。

楽天モバイルとpovo2.0って何がどう違う?

楽天モバイルが2022年6月末で月1GBまで0円プランを廃止すると発表した。2022年7月1日から楽天モバイルのユーザーは自動的に新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に移行され、最低でも月3GBまで月額1,078円を支払うことになる。

ただし、月1GBまでの人は2022年7月~8月までは0円で運用でき、9月~10月までは1,078ptがポイント還元されるので、タイムリミットは実質10月までとも言える。

7月からの「Rakuten UN-LIMIT VII」新プラン
これまで月1GBまでは0円だった楽天モバイル。7月からは月3GBまで月額1,078円の新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に移行される(画像は楽天グループ「2022年度第1四半期決算説明会CEOグループ戦略」より転載)

●楽天モバイル(公式)→こちら

もちろん、これまで楽天モバイルで0円運用していた人の多くは、すでに解約したり他社に乗り換えたと思うが、移転先の有力候補として注目を集めているのが、auの格安プラン「povo2.0(ポヴォ)」だ。

povo2.0は基本料0円で、自分に合ったデータトッピング(データ量)を追加するスタイル。180日に一度は何かしらのトッピングを追加する必要があるが、実質年間440円で運用できるため、楽天モバイルで0円運用してきた人にとってはピッタリの乗り換え先なのだ。

それにしても、楽天モバイルとpovo2.0はいずれも0円プランだが、具体的には何がどう違うのだろうか? 疑問に思っている人もいると思うので、今回はこの2社の違いについて解説したいと思う。

●povo2.0(公式)→こちら

povo2.0
厳密には年間440円支払う必要があるが、povo2.0も0円運用が可能な格安スマホプラン。自分で必要なデータ量を追加するシステムになっている(画像は「povo2.0」公式サイトより転載)

どうして楽天モバイルは月1GBまで0円プランを廃止したのか?

そもそも、楽天モバイルはどうしてこのタイミングで、月1GBまで0円プランを廃止したのだろうか? 

楽天モバイルは、もともと格安SIM(MVNO)の楽天モバイル(ドコモ回線等)を提供しており、この顧客がすでに230万にいた。そのため、楽天モバイルがキャリア事業(MNO)を開始すれば、すぐに300万人は達成できると思われていたが、そうはいかなかった。

そこで、楽天モバイルは新規加入で2万5,000pt付与、…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合