NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第45回

芸能プロ関係者が語る深津絵里の“仕事選びと年収”…なぜ『ちむどんどん』は不評なのか

文=芸能吉之助

geinou

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 今回は、NHK「連続テレビ小説」(以下、朝ドラ)についてお話ししたいと思います。今年4月11日から放送されている第106作目の朝ドラ『ちむどんどん』は、なぜこんなにも不評を買っているのか。そして前作『カムカムエヴリバディ』(2021年11月〜2022年4月)が、なぜ大成功を収めることができたのか、私なりに考察していきたいと思います。

 沖縄の本土復帰50年を記念して放送されている『ちむどんどん』は、放送終了後に3作もの続編が作られた『ちゅらさん』(2001年4月〜9月)と同じく沖縄が舞台ということで、視聴者からの大きな期待を受けて始まりました。しかし、5月16日放送の第26話から東京編に入った現在もいまだ評判は高まらず、これまでの平均世帯視聴率が15.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)と伸び悩んでいます。

 その原因としてしばしば語られているのが、脚本のツッコミどころの多さです。沖縄本島北部のやんばる地区を舞台に、沖縄料理に夢を懸けるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の「家族」と「ふるさと」を描く作品……とアナウンスされているものの、隙あらば主人公たちに「不幸」がぶっこまれます。多くの視聴者には、それらのひとつひとつが非常に理不尽かつ安易なものに見えているようで、そんなご都合主義的な「不幸」に、朝ドラファンはがっかりしているようです。実際ネット上には「朝からイライラする」「不快」などと、早々に視聴から離脱宣言をする声も多く見受けられました。

 特に沖縄を舞台にした「幼少期編」は、まさしくこうした不幸の連続でした。放送開始1週目から、主人公の父・比嘉賢三(大森南朋)が病死し、残された母・優子(仲間由紀恵)はいつまでもフラフラして、あげく出資詐欺に遭って借金を作りまくる長男・賢秀(竜星涼)にとことん甘い。長女・良子(川口春奈)は家庭の貧しさを嘆き、三女・歌子(上白石萌歌)は病弱。それを本作のヒロインである次女・暢子(黒島結菜)があっけらかんとノーテンキに笑い飛ばす。なかなか共感するのが難しいんですが、当時の沖縄を知る人に言わせると、「あの頃のウチナンチューはあんなダメ男とアンマー(母親)だらけだったさあ」という意見も……(笑)。

 古くは『おしん』(1983年4月〜1984年3月)がそうであったように、明るくポジティブなヒロインが逆境に耐えながら夢を叶えていく……という物語は、まさしく朝ドラの原点ともいえるでしょう。ですが、少なくとも『ちむどんどん』は、現代の視聴者の心を掴み切れていないのかもしれません。

『ちむどんどん』は羽原大介氏による完全オリジナル脚本。羽原氏は、2006年に『パッチギ!』で日本アカデミー賞優秀脚本賞、2007年には『フラガール』で同最優秀脚本賞(ともに共同脚本)を受賞しており、朝ドラでは、『マッサン』(2014年9月〜2015年3月)に続く2作目の脚本担当となっています。

 今年5月3日に掲載されたスポニチ紙のインタビューで羽原氏は『ちむどんどん』について、「弱い人たちへの応援歌的なストーリー展開」と語っており、「貧しい家に育った4兄妹には、今後、金銭的なことも含め、ますます試練が待ち受けています」と、さらなる逆境を示唆していました。前期の朝ドラは例年9月中旬頃まで放送されるので、『ちむどんどん』も間もなく折り返し地点を迎えることとなります。ここからどれだけ巻き返せるか、期待したいところです。

芸能プロ関係者が語る深津絵里の“仕事選びと年収”…なぜ『ちむどんどん』は不評なのかの画像1
「違和感」「強引な展開」「共感できない」など、少々ネガティブな反応が多い今回の朝ドラ『ちむどんどん』。ヒロインを演じるのは沖縄生まれの女優・黒島結菜。物語はまだまだ始まったばかりだ。(画像はNHK公式サイトより)

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合