NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

「土屋太鳳なめんなよ!」…『やんごとなき一族』が低視聴率でも成功の理由

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, ,
「やんごとなき一族 - フジテレビ」より
やんごとなき一族 – フジテレビ」より

 ネットニュースでは低視聴率報道が多いものの、放送中から終了後にかけてツイッターなどSNSの動きは活発そのもの。視聴者の盛り上がりという点で『やんごとなき一族』(フジテレビ系)は、春ドラマの中で上位に入っていることは間違いないだろう。

 同じ木曜に放送されていた『未来への10カウント』(テレビ朝日系)が最終回の放送を終えた中、『やんごとなき一族』はまだ3話も残されている。終盤を前に、あらためて当作にはどんな狙いがあり、どの部分がネット上の盛り上がりにつながっているのか、掘り下げておきたい。

 主なあらすじは、「母と東京の下町で営む大衆食堂の看板娘・篠原佐都(土屋太鳳)が、江戸時代から400年以上続く名家で莫大な資産を有する一族の深山健太(松下洸平)と結婚。一族からの猛反対や嫌がらせを受けるが、健太の『深山家を普通の家族にしたい』という願いを叶えるために戦うことを決意する」というもの。

 このあらすじを見て、「東海テレビの昼ドラ?」「80年代の大映ドラマっぽい」などと思った人が続出していた。実際、その印象通り、佐都を「シンデレラ」、健太を「王子様」、当主・深山圭一(石橋凌)を「王様」にたとえたナレーション、お城みたいな深山家の建物、圭一のごう慢すぎる振る舞い、佐都に対する仕打ちの数々など、「いつの時代の話?」とツッコミを入れざるを得ないケレン味たっぷりのシーンが散りばめられている。

 ただ、心の中でツッコミを入れられても、作り手たちの評価にはつながらない。現在のドラマ制作者に求められる配信視聴やSNSへの書き込みにつなげるための、よりエスカレートさせた仕掛けが必要になってくる。

「離婚の念書」をさりげなく公開

 その最たるところが、佐都の義姉・美保子(松本若菜)の「#松本劇場」だった。松本と言えば、これまでは美人女優らしい清楚な役や、物静かで薄幸な役柄が多かっただけに、目をひんむいて悪態をつき、奇妙な歌や踊りを見せる姿へのギャップは大きく、毎週このシーンを楽しみにしている視聴者は多い。

 そんな「#松本劇場」に話題を奪われがちだが、主演・土屋太鳳へのツッコミを促すシーンも負けじとてんこ盛り。土下座を強いられ、ケーキを頭に叩きつけられ、謎のマダムから突然キスされるなどの試練が次々に訪れたほか、目を覆いたくなるような佐都と健太のイチャイチャシーンも含め、ネット上の書き込みを促している。「土屋は松本に食われている」なんて声もあるが、土屋の演じる佐都が普通の人で目立たないからこそ周囲の異常さが際立ち、作品全体の人気につながっているのは確かだ。

「ネット上の書き込みを促す」と言えば、6月9日放送の第8話でも、立花泉(佐々木希)が佐都に健太との離婚を迫り、慰謝料などが書かれた念書を突きつけるシーンがあった。ただ、今作はこれだけでは終わらせず、念書の文面をさりげなく公開。そこには「慰謝料は1億円」「子どもの養育費は月額200万円で、誕生月には100万円追加される」「進学費用も含め、成人するまで支払われる」などが書かれていたが、これもネット上へのツッコミを想定した演出にほかならない。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg