NEW

渋谷すばる、活動行き詰まりか…レコード会社から契約打ち切り、セールス低迷

文=Business Journal編集部

「T氏は、かつてテイチクエンタテインメントで、アーティストの“売り出し”戦略全般を担うA&R(アーティスト・アンド・レパートリー)というポジションにいました。関ジャニのレコード会社がテイチクの時から関ジャニを担当し、渋谷とは10年以上の付き合いです。T氏はテイチクのレーベルで手腕を発揮。渋谷すばるはジャニーズ時代から人付き合いがうまいほうとはいえず、孤高の存在。ジャニーズを退所する時も、そしてワーナーとの契約が終了となった今も、T氏しか頼れなかったのかもしれません」(同)

 渋谷との契約を終了したワーナーは、「新しい地図」のほかにもシンガー・ソングライターの「あいみょん」やコーネリアスなど、話題性のある実力派アーティストを多数そろえている有力レコード会社だ。

「ワーナーでも支えられず、売り出せないとなると、渋谷の今後の活動はなかなか難しくなりそうです」(同)

 渋谷は5月、ファンクラブサイトで第1子の誕生を報告。パパになった心境について「新たな感覚や価値観など、教わる事が沢山あり、改めて、生きているという事がどれだけ大きい事なのかという事を感じております」と綴った。8月には国内最大級のロックフェス「サマーソニック」にも初出演予定。新たに守る家族ができた“辞めジャニパパ”にとって、今年は勝負をかける年になりそうだ。

(文=Business Journal編集部)

 

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合