NEW

弓木奈於、大沼晶保、増本綺良…配属されなかった元「坂道研修生」の逆襲

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, , ,
乃木坂46の弓木奈於(「乃木坂46公式サイト」より)
乃木坂46の弓木奈於(「乃木坂46公式サイト」より)

 坂道グループのファンにとっては懐かしい「坂道研修生」なる呼称。これは、2018年6月から8月にかけて開催された「坂道合同新規メンバー募集オーディション」で合格した39人のうち、配属に至らなかった15人のことだ。今、彼女たちの活躍が目覚ましい。

 当時、配属が決まったメンバー21人は18年11月に、乃木坂46の4期生、現・櫻坂46の2期生、現・日向坂46の3期生としてそれぞれ合流したが、残った15人は引き続きレッスンを受け、2019年秋に「坂道グループ合同 研修生ツアー」を東名阪で開催した。

 のちに1人が学業の都合で辞退したため14人となった坂道研修生たちは、2020年2月、それぞれ希望するグループに入ることができたとされる。乃木坂46には、新4期生として黒見明香、佐藤璃果、林瑠奈、松尾美佑、弓木奈於の5人が加入。櫻坂46には、新2期生として遠藤光莉、大園玲、大沼晶保、幸阪茉里乃、増本綺良、守屋麗奈の6人が合流。そして、日向坂46には、新3期生として高橋未来虹、森本茉莉、山口陽世の3人が入った。

 彼女たちはいずれも先に配属が決まっていたメンバーと「同期扱い」となり、“新”と呼ばれる機会はだいぶ減ったが、やはり遅れをとったことは否めない。だが、今やその“差”はほぼなくなりつつある。

櫻坂の隠れたバラエティエースとは

 まずは、櫻坂46の新2期生だ。遠藤光莉は今年1月に『プレバト!!』(TBS系)に初出演。埼玉・越谷市場のシャッターに同グループをモチーフにしたスプレーアートを13時間かけて描き、高評価を得た。さらに、3月放送の『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)では、趣味として描いている「曼荼羅」の絵を披露していた。

 また、大沼晶保、増本綺良という、独特な言動でメンバーの癒やしとなっているメンバーがいる。

「父親が漁師ということもあり、昔から魚に慣れ親しんできた大沼は『女版・さかなクンになりたい』と公言するほどですから、専門的な番組でも解説を務められるのではないでしょうか。また、増本は誰からもかわいがられる人柄の良さと、人一倍強いグループ愛で人気のメンバー。6月5日深夜放送の『そこ曲がったら、櫻坂?』では『血を吸ったり、腕にまとわりつく蚊に懲役を与えている』と発言し、話題となっていました」(芸能ライター)

“れなぁ”という愛称で親しまれる守屋麗奈は目下、各番組に頻繁に呼ばれつつある。『ラヴィット!』(TBS系)のシーズンレギュラーを皮切りに、6月9日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の企画「音が鳴ったらダメ家族」でも健闘していた。まさに、櫻坂46のバラエティエースの1人と言っても過言ではないだろう。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合