NEW

太田光、オール巨人を「バカが」と公然と批判…とろサーモン・久保田を擁護

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
太田光、オール巨人を「バカが」と公然と批判…とろサーモン・久保田を擁護の画像1
とろサーモン・久保田かずのぶのInstagramより

 お笑いタレント・太田光(爆笑問題)は7日深夜放送のラジオ番組『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)内で、オール巨人(オール阪神・巨人)が自著で2017年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)決勝の採点について振り返っている記述について、同大会優勝者の「とろサーモン」の久保田かずのぶが苦言を呈している件に触れ、オール巨人に対し「バカがって話だよな」と発言。大御所芸人のオール巨人を「バカ」呼ばわりしたことで物議を醸している。

 ことの発端は、久保田が5月29日に自身のYouTubeチャンネル「もう久保田が言うてるから仕方ないやん〆」で配信した動画内で、オール巨人の著書『漫才論 僕が出会った素晴らしき芸人たち』の内容について言及したことだった。

 とろサーモンは17年の『M-1』最終決戦で和牛、ミキを下して優勝したが、久保田は動画内で、審査員を務めていた巨人がそのときの審査の様子を振り返った同書の記述について、

「実際にとろサーモンが王者になった2017年は、僕は和牛が優勝だと思っています。だから、最終決戦で和牛に投票した」

「僕を含めて当時のメンバーが5人で1人1人の票が重いと、審査員を増やしてくれと訴えたんです。それで2017年は7人に増えたと。このとき新しく入った2人がとろサーモンに入れたんですよね。そして、レギュラー審査員を務めていたうちの3人、つまり僕と上沼さんと松本君は和牛を選んだ。ゆえに彼らは名誉ある敗退とも言われていました」

と読み上げた後、次のように巨人への批判を展開した。

「僕らはなんなんですかね? っていうのを思って。“恥辱の勝者”っていうことですかね」

「今になって、また言われるんですか」

「“とろサーモン君ごめんね”って、笑えないですよ。無許可でこんなこと書かれたら、すごく気分が悪い」

「(巨人のことを)前までちょっと好きだったんですけど、今回読んでちょっと。そうですね、嫌いになりましたね」

「優勝は優勝だよ、どう考えても」

 久保田が所属事務所・吉本興業の先輩でもある巨人への批判を公然と展開したことで注目を集めたが、太田は『カーボーイ』内でこの話題について触れ、

「あいつ(=久保田)も、かわいそうだな。いろんなこと言われてさ」

「久保田が怒っててさ。まあ無理もないんだけど、怒るのはさ。しょうがない、“今さら何言ってんだ”って話だよな。“バカが”って話だよな。優勝は優勝だよ、どう考えても」

と久保田を擁護し、自ら騒動に“参戦”するかっこうになった。

 久保田といえば、18年の『M-1』放送後にスーパーマラドーナ・武智がインスタライブで配信した動画内で、『M-1』審査員の上沼恵美子について

「(審査員を)そろそろ、もう、やめてください」

「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」

「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」

と暴言をはき、大騒動に発展したことが記憶に新しい。

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合