NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『恋マジ』最終回で広瀬アリスと松村北斗が飼い殺し状態から魅力解放か

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
「恋なんて、本気でやってどうするの? | 関西テレビ放送 カンテレ」より
恋なんて、本気でやってどうするの? | 関西テレビ放送 カンテレ」より

 業界内で「今最も忙しい女優」と言われる広瀬アリスと、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』(NHK)で女性視聴者の心をつかんだ松村北斗。まさに“最旬”の2人を起用したラブストーリー『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレ・フジテレビ系、以下『恋マジ』に略)が6月20日、最終話を迎える。

 広瀬と松村ほどの人気者に加えて、西野七瀬と藤木直人、飯豊まりえと岡山天音の2組もメインキャストに起用。さらには『カムカムエヴリバディ』で松村と共演した小野花梨も恋模様に加わるなど、多彩なキャスティングが実現していた。

 しかし、同じ恋愛ドラマの『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系)と比べても、視聴率も話題性も下回るなど、ここまで消化不良のような状態が続いている。

 とりわけ他局のテレビマンやテレビ誌記者、そして松村のファンを中心に「もったいない」という声が何度もあがっていたが、その理由はどこにあるのか。最終話を前に、これまでの物語と消化不良の要因、さらには、期待される結末を探っていく。

広瀬と松村の見せ場が少ない構成

『恋マジ』のコンセプトは、「“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー」。その中心にいるのは、恋愛経験ゼロの桜沢純(広瀬アリス)、早婚レス妻の清宮響子(西野七瀬)、愛され中毒のパパ活女子・真山アリサ(飯豊まりえ)の3人。27歳の3人は高校の同級生で、理由は違えど「本気の恋なんていらない」という共通点を持っていた。

 一方、彼女たちが運命の出会いを果たす相手は、刹那恋愛主義の長峰柊磨(松村北斗)、不思議系陰キャ・内村克巳(岡山天音)、ワケあり謎だらけの天才シェフ・岩橋要(藤木直人)の3人。こちらの男性3人も「本気の恋から逃げてきた」それぞれの理由があり、3組6人の恋は順風満帆とはいかなかった。

「もったいない」という声があがっている最大の理由は、広瀬と松村という最旬の2人をこれ以上ないタイミングでキャスティングしたにもかかわらず6人の群像ラブストーリーにしてしまったこと。

 実際、ラブストーリー枠のTBS・火曜ドラマは、『恋はつづくよどこまでも』『私の家政夫ナギサさん』『この恋あたためますか』『婚姻届に判を捺しただけですが』『ファイトソング』など、メイン2人の恋をフィーチャーし、それを盛り上げる上で1~2人のライバルを交える形をベースに制作されてきた。

 火曜ドラマの狙いは、「メイン2人の恋模様を最大限に生かす構成で、視聴者にその行方を追いかけ、感情移入してもらう」こと。これがわかりやすい構図を好む現在のラブストーリー視聴者にハマっている。

 一方、『恋マジ』は前述したように6人の群像ラブストーリーであり、おのずとメイン2人、すなわち広瀬と松村の恋模様に割かれる時間が削られてしまう形。「3組のバリエーションを見せられる」というメリットがある反面、最旬の2人を消化不良な状態にしているのは、このコンセプトそのものに他ならない。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg