NEW

東芝、取締役が投資ファンドの利益代弁者たちに牛耳られる

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,

 社外取締役5人で構成されている指名委員会では、さまざまな意見が出ても最後は全会一致となることが多いが、今回は多数決で取締役候補を決めたことになる。株主総会の招集通知の欄外に「候補者選定に異論があった」ことが注記された。定時株主総会の取締役の選任に、反対者がいたという異例ともいえる事実が影響するかもしれない。

 綿引社外取締役は6月6日、報道陣の取材に応じ「取締役会構成の多様性、公平性、バランスの良さを欠いていると判断した」と説明した。「定時株主総会で株主の皆様に判断してもらうため、私が反対した理由を伝えたかった」とし、「経営は株主と目線を合わせていくことが一番大事だが、東芝の場合、株主の目線があまりにもいろいろな方向を向いていて、一つの方向になっていない。短期的な利益を目的とする株主や長期保有の機関投資家、個人の株主など、それぞれの利害がまったく違う」と問題点を指摘した。

 加えて、綿引氏は現状の取締役会について「事業経験のある人が欠けたことが、この1年の迷走の一つの原因と考え、私自身も深く反省している」と述べた。

(文=Business Journal編集部)

 

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合