NEW

浅田舞、YouTuberと初コラボで「パチスロ好き」の素顔を告白

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】,
浅田舞、YouTuberとのコラボで“朝イチ6時間パチスロ“報道に初言及の画像1
YouTube『相馬トランジスタ』より

 元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞が、YouTuberの相馬トランジスタのYouTubeチャンネルにゲスト出演。週刊誌で「パチンコ店通い」を報じられた件について初めて言及した。

 動画では、浅田が鍋料理とお酒を楽しみながら本音トークを繰り広げる人気企画「泥酔鍋」に登場。前回、相馬と親交の深い人気YouTuberのヒカルが次回ゲストとして浅田を紹介し、浅田にとって初めてとなるYouTuberとのコラボが実現した。

 当初は無難なテーマでトークしていたが、途中でヒカルが「これNGかわからんけど、パチンコ行っとったって……」と切り出した。浅田は今年5月に「女性セブン」(小学館)で『GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店』などと報じられ、朝から約6時間にわたってパチスロを打っていたと伝えられていたのだ。ちなみに、浅田は同記事で居合わせた客から「当たっても深追いしないスマートな打ち方」などと評されている。

 周囲の人たちは気を遣って報道に触れなかったそうで、浅田はヒカルのぶっこみに対して「腫れ物扱いが1番嫌だから(ヒカルが記事に触れてくれたのは)私にとってすごいうれしいこと」と意外な反応を見せた。

 ヒカルは自身もパチスロ好きなことから「何を打ってるのか気になる」と発言。これに浅田は「ルパン三世とコードギアス、あとはエヴァとか」と明かし、まさかのギャンブル好きという素顔について初告白した。

 浅田はどの媒体でもパチスロ好きなことを明かしておらず、ギャンブルのイメージはまったくなかったが、ずっと心の中で「黙ってるのもなんか違うのかな」と思っていたそう。パチスロ好きを公言して「それをなにかにつなげていったほうがいいのかな」と漠然と考え、そのやり方を模索していたところだったようだ。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合