NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

なぜ患者が医師をメッタ刺し…医師に暴行・暴言・理不尽な要求をする患者たち

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
なぜ患者が医師をメッタ刺し…医師に暴行・暴言・理不尽な要求をする患者たちの画像1
「gettyimages」より

 福岡市の千早病院で6月27日、40代の男性医師が診察中にいきなりナイフで何度も刺され、大けがをした。刺したのは59歳で無職の川野二郎容疑者らしく、病院の職員によって身柄を確保され、その後駆けつけた警察官に現行犯逮捕されている。

 現時点では、刺された医師と川野容疑者がどのような関係だったのかはっきりしていないようだが、この手の事件はどんな医療機関でも起こりうる。それが最近の医療現場の現状であり、他人事とは到底思えない。

 私自身、最近40代の男性患者に殴りつけられそうになり、「(クリニックに)火つけたるぞ」と脅された。この患者は久しぶりに来院し、睡眠薬や抗うつ薬などの現物を取り出して、「同じ薬を出してくれ」と一方的に要求した。「どうしておられたのですか」と尋ねると、「よそのクリニックに通っていた」と答えたが、どこのクリニックに通っていたかは言わず、お薬手帳もないとのことだった。不審に思ったものの、根負けして、要求通りに薬を処方することにした。ただ、1種類だけ依存性が強く、長期連用によって心身に悪影響が出る恐れのある薬があったので、「この薬だけ処方できない」と説明した。すると、激高して、私に殴りかかろうとしたのだ。

 幸い、居合わせた男性スタッフの制止によって、拳が私に当たることは免れたが、私は強い恐怖を覚えた。その後も、この患者はクリニックに居座り、「薬を出してくれるか、医者(私)が謝るかしない限り、帰らない」と言って、暴言を吐き続けた。仕方なく、要求通り最後の1種類の薬も処方することにし、その旨を男性スタッフに伝えてもらった。

 それで納得するかと思いきや、反応は真逆だった。いきなり診察室に入ってきて、また殴りかかろうとしたので、私は「申し訳ありませんでした」と謝罪した。それでも、追いかけてこようとしたので、私は別室に避難した。私が別室で診察を続けている間も、この患者はクリニックに居座り、暴言を吐き続けたようだ。クリニックを出たのは、これ以上遅くなると調剤薬局が閉まってしまい、薬を受け取れなくなるかもしれないという時間帯で、相当長く居座ったことになる。

 この騒動が起きたとき、私はよほど警察に通報しようかと思った。だが、現実問題として、それはなかなか難しい。その理由として主に2つ挙げられる。

 まず、警察を呼ぶと、病院や診療所の評判が悪くなるのではないかという危惧がある。しかも、来院中の患者さんに恐怖を与える恐れもあり、警察を呼ぶのはハードルがかなり高い。とくに最近は、ネット上に悪い評判を書かれると、患者さんが減るのではないかと心配している医療従事者も少なくない。現に、私を殴りつけようとした患者は「(クリニックの)悪口をネットに書いたるからな」と脅したので、まんざら杞憂というわけでもないだろう。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合