NEW

小栗旬「わいせつ写真」流出で逆に好感度アップ…投稿したガーシーに批判殺到

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
小栗旬「わいせつ写真」流出で逆に好感度アップ…投稿したガーシーに批判殺到の画像1
小栗旬

 過去に交友があった芸能人や人気YouTuber、企業経営者らに関する情報を自身のYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」上で次々と明かし、注目を集めている“ガーシー”ことアパレル会社元代表取締役の東谷義和氏。そのガーシーがTwitter上に、俳優の小栗旬がパーティールームらしき個室で何も服を装着しない状態でカラオケを歌う様子を収めた写真を投稿。写真のなかには女性の姿もみられるが、この投稿後にガーシーのTwitterアカウントがBAN(凍結)されたことで、物議を醸している。

 これまで城田優や大原櫻子、福士蒼汰、MY FIRST STORY(以下、マイファス)のHiro、ジャニーズWESTの藤井流星、元SMAPの木村拓哉、中居正広など数多くの芸能人のプライベートにまつわる話を明かしてきたガーシーだが、なかでも激しく批判を展開してきた相手が俳優の新田真剣佑と、芸能事務所のトライストーン・エンタテイメントだ。

 まず、真剣佑については4月10日配信の動画で、過去に複数回にわたりステマを行い、それによって得た収入について納税申告していないと主張。前事務所のトップコート所属時代には、事務所を通じた広告の仕事で、一部のギャラを事務所に知らせずに個人事務所の口座に振り込ませることもあったという。

 また、ガーシーは過去に真剣佑から約6000万円を借り入れており、今月12日の配信回では、真剣佑と弁済する示談交渉に入ったことを報告。ガーシーによると、真剣佑は弁護士を通じて「お金は受け取る」と連絡をしてきたそうで、示談の条件として「利息はいりませんし、名誉棄損等の法的措置の動きも全部引き上げる。その代わり、東谷さんのほうも(真剣佑への)攻撃をやめてもらえないか」と持ちかけてきたという。

 これに対してガーシーは「真剣佑サイドに3つの条件を投げました」として、真剣佑サイドがその条件を飲むのであれば「示談しましょう、もうお互いに不毛な戦いはやめましょう」と伝えてあると語っていたが、22日にはインスタライブ内で次のように語り、再び攻撃を強め始めている。

「マッケンとの示談もこじれそうなので、お金を返済した後、新田真剣佑への攻撃を再開します。ここに関しても“証人喚問”含め準備してるから。きっちりやるよ、きっちり。

 あとマッケンのお姉さん(=女優の真瀬樹里)サイドとも、いろいろと協力できることがあったら協力したいと思ってます。一度連絡もらったんでね。一度、僕のほうに連絡ください。新田真剣佑はきっちり叩きましょう。日本に戻れなくしましょう」

「ドラマ途中であろうと、中断されるだろうと思います」

 一方のトライストーンについては、同事務所所属の綾野剛について5月13日の配信回で、元人気アイドルグループメンバーの松岡知穂さんが生出演し、彼女がまだ17歳だった頃、綾野から飲酒を強要された後に関係を持ったと告発。ガーシーによって松岡さんとの過去を暴露された綾野が、彼女に対して“お金で口封じ”しようと連絡をしてきたことも明らかに。

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合