NEW

斎藤佑樹の二の舞いになる危険…愛甲猛が見る「根尾昂投手の落とし穴」

文=小川隆行/フリーライター
【この記事のキーワード】, ,
根尾昂投手(「中日ドラゴンズ オフィシャルウェブサイト」より)
根尾昂投手(「中日ドラゴンズ オフィシャルウェブサイト」より)

 野手から投手に登録変更した中日ドラゴンズの根尾昂。6月20日の読売ジャイアンツ戦では9回2死で登板し、岡本和真を空振り三振に打ち取った。2日後の東京ヤクルトスワローズ戦では8回表に登板、長岡秀樹と川端慎吾を二ゴロに、塩見泰隆を空振り三振に抑えた。5試合の登板で打者18人に対し被安打4、奪三振3、自責点1(6月30日時点)と好投を続けている。

 ドラフト会議で4球団から指名を受けた根尾は、入団時「ショート一本でいきたい」と宣言するも、2年目から外野手に転向。持ち前の強肩でタッチアップを捕殺にするシーンも目にしたが、3年間(2019~21年)の打撃成績は194打数32安打、1本塁打、打率.165と今一つだった。4年目の今季、立浪和義監督と話し合い、投手に転向。最速151キロのストレートに加えて、スライダーとカーブのキレもよく、「セットアッパーに向いている」との声も聞こえてくる。

投手・根尾に足りない能力とは?

 現在、根尾は投手をメインに、打撃練習もこなしていると報じられている。大谷翔平の登場で二刀流も“一つの道”になった感があるが、球界OBからは「大谷と比べるのは無理」との声が多い。

 根尾と同じく夏の甲子園で全国制覇を果たし、中日などで活躍した愛甲猛氏も「根尾と接していないからわからないけど、映像を観ている限りでは、投打とも大谷には叶わない。“チームへの貢献度”もまだ低い」とみている。投手としても、現状は敗戦処理での好投のため「評価に値しない」という。

「今は投手としての力量を試している最中。根尾はポテンシャルが高いので、一度や二度の失敗には目をつむり、長い目で育ててあげてほしい。先発やセットアッパー、クローザーとして勝利に貢献できて、初めて年俸も上がる。今はまだ、投手に必要な“試合の支配力”が感じられない。イチローが若い頃、150キロを出していたのに投手をあきらめたのは、その“支配力”がなかった点も要因だった気がする」(愛甲氏)

 愛甲氏自身は投手として入団するも、3年間未勝利で打者に転向した。

「プロ1年目のオープン戦で勝利投手になったけど、いざ公式戦で登板したら打たれた。今思えば、グラウンド上での支配力がなかったね」と振り返る。

 根尾は投手としての存在感は「まだまだ」。それでも一軍でチャンスをもらえているのは、投手としても野手としても抜群の素質を誇るポテンシャルと、ファンの注目度にある。

「(投手と野手なら)野手の方が向いている気がする。外野手として最大の武器となる肩の強さが何よりも魅力。あと、まだプロとして実績を残していないのに、かなり話題になっている。がんばっている他の選手の中には、うっとうしく感じる人もいるんじゃないかな。もちろんプロは注目度も必要だけど、チームへの貢献度が何より必要」(同)

 現在、中日の話題といえば「根尾の投手転向」が圧倒的に多いが、実績を残していない選手の話題が先行しすぎているというわけだ。

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合