NEW

ガーシー、沈黙貫く三木谷社長へ攻撃激化…直後にチャンネルへ通報続出→凍結危機

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
ガーシー、チャンネル凍結の危機、一部動画削除…楽天・三木谷氏は沈黙貫くの画像1
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長(撮影=編集部)

 過去に交友があった芸能人や人気YouTuber、企業経営者らに関する情報を自身のYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」上で次々と明かし、注目を集めている“ガーシー”ことアパレル会社元代表取締役の東谷義和氏。そのガーシーは楽天グループ会長兼社長の三木谷浩史氏のプライベートに関する話を次々と語り、激しく批判を展開しているが、2日配信の動画では、「ガーシーch」上の動画に一斉にプライバシー侵害の注意喚起を訴えてチャンネルを“BAN(凍結)”させようとしている人物がいると主張。警告が多くなれば実際にBANされる可能性もあるため、アップされた複数の動画について非公開にする意向を明かした。

 これまで城田優や大原櫻子、福士蒼汰、MY FIRST STORY(以下、マイファス)のHiro、ジャニーズWESTの藤井流星、元SMAPの木村拓哉、中居正広など数多くの芸能人のプライベートにまつわる話を明かしてきたガーシーだが、なかでも激しく批判を展開してきた相手が俳優の新田真剣佑と、芸能事務所のトライストーン・エンタテイメントだ。

 まず、真剣佑については4月10日配信の動画で、過去に複数回にわたりステマを行い、それによって得た収入について納税申告していないと主張。前事務所のトップコート所属時代には、事務所を通じた広告の仕事で、一部のギャラを事務所に知らせずに個人事務所の口座に振り込ませることもあったという。

 また、ガーシーは過去に真剣佑から約6000万円を借り入れており、真剣佑と弁済する示談交渉に入ったことを報告していたが、6月22日にはインスタライブ内で「マッケンとの示談もこじれそうなので、お金を返済した後、新田真剣佑への攻撃を再開します」と語り、再び攻撃を強め始めている。

 トライストーンについては、同事務所所属の綾野剛についてこれまでの配信回で、未成年女性と飲酒したうえでの不適切な行為、酔った上での知人への暴行などを証言。そして同事務所所属の小栗旬については、個室で何も服を装着しない状態でカラオケを歌う様子を収めた写真をTwitterに投稿するなどして物議を醸している。

「ハイエナか、お前は。」

 そんなガーシーが今もっとも力を入れて批判しているのが、東証プライム(旧東証一部)上場企業である楽天グループの会長兼社長、三木谷浩史氏だ。

 発端は6月26日配信のインスタライブだった。ガーシーは三木谷氏の名前を隠して“ある企業のM社長”がウクライナの女性を集めて不適切な行為を行っていたと語ったのだが、なんと翌27日には三木谷氏本人が自身の公式Twitterアカウント上で以下のように投稿。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合