NEW

『ちむどんどん』なぜ失敗したのか?低視聴率の裏側&巻き返しが絶望的な理由

文=Business Journal編集部
「NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』」より
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』」より

 連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK)の視聴率が上がらない。6月30日放送の第59話は世帯15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人8.5%となっている。

「4月11日放送の初回は世帯16.7%、個人9.3%ですから、決して激減しているわけではありませんが、停滞しているといっていいでしょう。一方、前作の『カムカムエヴリバディ』は世帯16.4%、個人9.0%でスタートしましたが、今年1月25日放送の第59話で世帯18.5%と初の18%台を記録、個人は10.3%でした。番組最高では、世帯19.7%、個人11.2%を記録しています」(芸能ライター)

 物語がほぼ折り返し地点を迎えるというのに、『ちむどんどん』は『カムカムエヴリバディ』と比べても“ブーム”といえるほど盛り上がっていない。それどころか、いまだに「打ち切り」を求める声も根強いという。

『ちむどんどん』は誰が見ているのか

 そもそも今作は、いったい誰が見ているのだろうか?

 5月第1週の年齢別視聴率を挙げてみよう。5月9日、第21話の世帯視聴率は14.5%、個人8.1%。その内訳は、男性層を見ると、M1(男性20~34歳)=0.2%、M2(男性35~49歳)=2.0%、M3(男性50歳以上)=11.4%と、50歳以上が圧倒的だ。

 続いて女性層だ。F1(女性20~34歳)=1.3%、F2(女性35~39歳)=5.1%、F3(女性50歳以上)=17.3%と、こちらも、50歳以上が主な“お客様”だ。他の曜日も、同じような推移をたどっている。

「長らく朝ドラを見つめてきた50代以上のファンたちは『しょせん、朝ドラはこんなもの』と割り切っているのかもしれませんが、そんな諦念では片づけられないほど、今作は物語の展開、登場人物のキャラクター、時代考証など、すべてにおいて“お粗末”なのです」(同)

タイムシフト視聴率も『カムカム』に敗北

 さらに検証しておきたいのが「録画組」の存在だ。つまり、タイムシフト視聴率である。5月9日からの週を見てみよう。

「5月9日の第21話は世帯14.5%でした。これにタイムシフト6.5%が加わると、総合視聴率は19.9%と、20%に迫る勢いになります。さらに翌10日、第22話は世帯15.2%。ここにタイムシフト6.6%が加算されると、総合は20.7%と、ゆうに大台を超えるのです。そして、5月13日放送の第25話は世帯16.0%、タイムシフト6.3%で、総合21.2%となっています」(同)

 つまり、低迷しているとは一概に言えない側面もあるわけだが、では『カムカムエヴリバディ』のタイムシフト視聴率はどうだったのだろうか。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合