NEW

ガーシー、「敵の敵は味方」と意味深な言葉 宿敵・綾野剛らとの関係変化も示唆

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】,
ガーシー、「敵の敵は味方」と意味深な言葉 宿敵・綾野剛らとの関係変化も示唆の画像1
Instagram「gaasyy_ch」より

 暴露系YouTuberの「ガーシー」こと東谷義和が13日、インスタライブを実施。YouTubeチャンネルが停止させられたことについての配信だったが、その中で今まで執拗に攻撃していた綾野剛や小栗旬らが所属する芸能事務所「トライストーン・エンタテイメント」との関係に大きな変化があったことが示唆され、物議を醸している。

 配信では、YouTubeのメイン・サブともにチャンネルが「BAN(アカウント停止)」状態になったことを報告。一時的な停止の可能性もあるが、14日に予定していた「重大報告」があるというライブ配信はInstagramもしくはTikTok、あるいはNHK党の立花孝志党首のYouTubeチャンネルで実施されると発表された。

 14日のライブ配信はトライストーンに関する報告をするつもりだったとのことで、東谷は「その中で俺がどういうふうにトライストーンと話をしているのか、どういう状況なのかということを、きちっと説明させてもらいます」と予告した。

 東谷は11日のライブ配信で、暴露をめぐって因縁が生じている楽天の三木谷浩史会長やその周辺の人物たち、さらに俳優の新田真剣佑や城田優の名前を攻撃対象としてあげて「バンバン暴露していく」「地獄に落としたります」などと息巻いていた。

 しかし、いつもなら最大の標的として真っ先に名前をあげる綾野剛、小栗旬、田中圭らが所属するトライストーン・エンタテイメントについて一切触れず、一部視聴者の間で「和解したのでは」との憶測が飛び交っていた。

 これに対して、ネット上では「え、今まで何だったの」「もし普通に和解したら『話が違う!』って思っちゃう」「綾野剛の問題がうやむやで終わるのは納得いかない」といった批判的な意見も上がっていたようだ。

 そうした声を踏まえてか、東谷は重大報告の内容について「みんなが面白いと感じてくれると思います。そんなくだらんことになってないから」と説明している。

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合