NEW
ガーシー自著が5万部ベストセラー

ガーシーが今月サロン開設、三木谷社長の暴露予告…自著が5万部のベストセラーに

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
YouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」
YouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」

 過去に交友があった芸能人や人気YouTuber、企業経営者らに関する情報を自身のYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」上で次々と明かし、注目を集めている“ガーシー”ことアパレル会社元代表取締役の東谷義和氏。そのガーシーは10日投開票の参院選で当選を果たし晴れて参院議員(NHK党)となったことに驚きが広まったが、13日にはInstagramでライブ配信を行い、今月中にオンラインサロンを立ち上げると報告し、「社長含め全員叩きます。ガンガンいくから」と宣言。さらにガーシーの自伝的著書『死なばもろとも』(幻冬舎)が発売前に予約が殺到し初版5万部のベストセラーとなり、改めて世間からの注目度の高さが証明された。

 これまでガーシーは、学習塾「武田塾」を運営するA.ver社長・林尚弘氏やライバー会長・飯田祐基氏(ともに辞任)、人気YouTuber「てんちむ」を皮切りに、城田優、新田真剣佑、大原櫻子、福士蒼汰、MY FIRST STORY(以下、マイファス)のHiro、ジャニーズWESTの藤井流星、元SMAPの木村拓哉、中居正広、そしてトライストーン・エンタテイメント所属の綾野剛や小栗旬、田中圭など、数多くの企業経営者や芸能人のプライベートにまつわる話を明かしてきた。

 特に選挙期間中は連日にわたり動画配信を行い、港区界隈の人脈や知り合いの経営者、女性たちから入手したという情報に基づき、楽天グループ会長兼社長の三木谷浩史氏への批判を激しく展開。Twitterアカウントの凍結やインスタライブの停止、「ガーシーch」上にアップ済の一部動画の強制削除などがなされると、ガーシーは三木谷氏サイドの働きかけによるものだとの主張を展開。投票日直前の7日配信のニコニコ生放送の『参院選2022 ネット演説』内でもガーシーは、三木谷氏が、過去に楽天モバイルのイメージキャラクターを務めていたタレントのローラと知人らを交えてプライベートで集まった際のエピソードとして、次のように語っていた。

「アメリカの別荘行って、そんときに写真を撮るときにローラが取り出した携帯がiPhoneやということだけで、(三木谷氏は)ブチギレですわ。土下座まがいの謝罪させたらしいです。ローラに」

 さらに投票日前日にもYouTubeのライブ配信を行い、安倍晋三元首相が死去した8日の三木谷氏の北海道・札幌での行動を批判していた。

「新聞やテレビからも取材かなり来てます」

 当選後もガーシーの勢いは衰えない。12日にはYouTubeのライブ配信で、かつてSMAPのヘアメイクを担当していた東京・南青山の人気ヘアサロン「ing」代表でタレント・小倉優子の元夫でもある菊地勲氏が出演し、元SMAPメンバーたちの裏話を披露。13日にはインスタライブを配信し、現在ガーシーのYouTubeチャンネルが閲覧できない状況になっていることについて、次のように説明した。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合