NEW

相次ぐ楽天の改悪! それでも楽天経済圏に留まったほうがいい人の条件とは?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

楽天市場を中心に楽天カード、楽天証券、楽天モバイル、楽天トラベルなど、さまざまなネットサービスを提供する楽天グループ。いわゆる“楽天経済圏”にどっぷり浸かっている人も多いと思うが、ここ1~2年の間に、相次いでサービスの改悪が行われている。そこで今回は、サービスの改悪が続いてもそのまま楽天経済圏に留まったほうがいい人の条件を検証してみたいと思う。

ここ1~2年で楽天グループにどのような改悪があったのか?

楽天市場、楽天モバイル、楽天銀行、楽天トラベルなど、あらゆるネットサービスを提供する楽天グループ。

2022年7月から、月1GBまでなら0円だった楽天モバイルが、最低でも月額1,078円がかかるように改悪されたことが大きな話題となった。

しかし、楽天グループの改悪はこれだけではない。とくに楽天経済圏の中核となる楽天市場のポイントサービス「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の条件は年々悪くなっているし、楽天カードや楽天銀行などでも細かいサービスの改悪も続いている。

果たしてこのまま楽天グループのサービスを継続したほうがいいのか悩んでいる人も多いことだろう。そこで今回は、サービスが改悪されても、なお楽天経済圏に留まったほうがいい人の条件を検証してみる。

■最近の楽天グループのサービス改悪 【1】楽天SPU ・最高倍率15倍→14倍に(2022年4月から) ※「楽天の保険+楽天カード」SPUの終了 ・楽天市場のポイント付与対象金額が税込価格→税抜価格に(2022年4月から) ・楽天ゴールドカードのSPU+4倍→+2倍に(2021年4月から) ・楽天銀行を引き落としにした楽天カード払いで+1倍→+0.5倍に(2022年7月から) ※楽天銀行の口座で「給与・賞与・年金」を受取っていると+0.5倍になる ・楽天SPUの月間獲得上限がランクによって最大1万5,000pt→ランクに関係なく一律5,000ptに(2022年7月から) 【2】楽天カード ・公共料金払いの還元率1%[100円で1pt]→ 0.2%[500円で1pt]に(2021年6月から) 【3】楽天銀行 ・マネーブリッジによる普通預金金利0.1%→300万円まで。300万円超は0.04%に(2022年4月から) 【4】楽天モバイル 月1GBまでは無料→月3GBまで月額1….

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合