NEW

【Windows 11】自動アップデートを遅らせる方法 – 最大で5週間更新を一時停止できる

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

Windowsパソコンを安全に使うには、Windows Update(アップデート)を行っておくことが重要だ。しかし、急ぎの仕事をやっているときや大切なプレゼンの最中に始まってしまうと、しばらくパソコンが使えなくなって困ってしまうだろう。そこで今回は、Windows 11において勝手にWindowsアップデートの更新が実行されないようにする設定方法を紹介しよう。

Windowsアップデートが会議中に勝手に始まると困ってしまう!

Windowsパソコンは、常にハッカーのターゲットになっている。Microsoftでは、それに対抗するためWindows Update(アップデート)を頻繁に行っているのだ。

しかし、Windowsアップデートの内容によっては非常に時間がかかってしまうため、急ぎの仕事をやっているときや重要な会議のプレゼン中にアップデートが始まると困ってしまうだろう。

そのようなときは、Windowsアップデートが勝手に実行されないように事前に設定しておいたほうがいい。そこで今回は、Windows 11においてWindowsアップデートを回避する設定方法をいくつか紹介したいと思う。

Windows Update(アップデート)
Windowsパソコンを安全に使うにはWindowsアップデートをしっかり行っておく必要があるが、大事な場面で始まってしまうと目も当てられない。いったいどうすればいいのだろうか?

Windowsアップデートを遅らせる方法

実はWindows 11では、Windowsアップデートを一時的に1週間~5週間まで遅らせられるのをご存じだろうか?

設定は簡単で、Windows 11の「設定」から「Windows Update」を開き、「その他のオプション」にある「更新の一時停止」のタブで「1週間~5週間一時停止にする」を選択すればいい。

もし、3日後にクライアントへの重要なプレゼンがあるといった場合は、この設定を「1週間」に変更しておけば、大切な場面でWindowsアップデートが実行されることはない。

もちろん、プレゼン終了後は「更新の再開」をクリックすることで、自分の好きなタイミングでWindowsアップデートを実行することができるぞ。

■Windowsアップデートを1~5週間遅らせる手順

Windowsアップデートを1~5週間遅らせる手順
画面下のタスクバーで「設定ボタン」を押して設定画面を開き、画面左側で「Windows Update」を選択。「更新の一時停止」の右にあるタブで「1週間~5週間一時停止にする」を選択すればよい

■更新の一時停止を解除する手順

更新の一時停止を解除する手順
大切なプレゼン終了後は、アップデートを忘れてしまう前に設定の「Windows Update」画面を開き、「更新の再開」を押してアップデートを実行しておこう

Windowsアップデートを無効にしてしまう方法

Windowsアップデートを止めるには、Windows Updateを実行しているサービスそのものを止める方法もある。

Windows…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合