NEW

ダイソー、買ったら後悔した商品5品…文字が歪む「スマホ拡大スクリーン」?

文・取材=A4studio
ダイソー、買ったら後悔した商品5品…文字が歪む「スマホ拡大スクリーン」?の画像1
ダイソー「瞬間冷却パック」

 100円ショップ業界最大手のブランド「ダイソー」。バブル崩壊後、消費者の購買意欲が低下している経済状況が好機となり、安価な商品を求める当時の消費者ニーズに応えて躍進してきたチェーン店だ。リーズナブルな魅力の他に、一度の来店で多様なジャンルの商品が購入できる利便性が来店者数増加、売り上げ拡大の要因ともなっているのだろう。

 その圧倒的な人気を物語るように、今や国内3620店舗、海外24の国と地域2272店舗、世界合計5892店舗(2021年2月末時点)を数え、100円ショップ業界で堂々たるNo.1の座に君臨している。

 しかしそんなダイソーだが、なかには買ったことを少々後悔してしまいそうな商品もチラホラある様子……。そこで今回は独自調査で“この夏、要注意なダイソー商品”を5つピックアップしたので、紹介していこう。

瞬間冷却パック/110円(税込、以下同)

 気温30度超えの日々が続き、外出時は汗拭きシートや制汗剤などが欠かせないという人もいるだろう。そんな猛暑の日々を快適に過ごせるような便利グッズが、ダイソーでは多く展開されている。

 ダイソーの「瞬間冷却パック」はそのうちのひとつで、叩くだけで瞬時に冷却が始まるという画期的な商品だ。大きさは手のひらと同じぐらいで、持ち歩くのにも最適なサイズ感であるが、残念な点もいくつかある。

 それは、冷却時間が15分ほどしか持続しないという点。しかも再利用ができないため、一度使ってしまったら捨てるだけになってしまう。これなら、少々値段が張っても使いまわしができるものか、長時間使える冷却パックを買ったほうがいいのではないだろうか。

スマホ拡大スクリーン/220円

ダイソー、買ったら後悔した商品5品…文字が歪む「スマホ拡大スクリーン」?の画像2

 コロナ禍でおうち時間が増え、スマホを見る機会が多くなった人もいるだろう。ダイソーにも、スマホやタブレット機器をより効率よく使うためのアイテムが増えている。「スマホ拡大スクリーン」もそのひとつで、その名のとおり液晶を大きく見せる機能があるアイテムだ。

 スクリーンを背面のストッパー部分に立てかけ、さらに後ろに付いている部品にスマートフォンを設置すれば準備完了。画面の角度や高さも変えられるだけでなく、折り畳み式なので持ち運びもラクと、一見便利そうなアイテムだ。しかし実際に使ってみると、気になる点も見えてきた。

 というのも、スクリーン部分が光を強く反射してしまうので、拡大した文字が歪んで見えてしまうのだ。また、スクリーン周りの黒いふちも、スマートフォン画面全体を見るには邪魔になってしまい、少々残念さが残る。そういった点をストレスに感じない方であれば、試しに買ってみてもいいかもしれない。

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合