NEW

中古iPhoneを購入する前に必ず確認したい11のポイント!

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

急激な円安の影響を受けて値上がりしたiPhone。それでもiPhoneを買いたい人に今注目されているのが中古のiPhoneだ。もちろん、信頼のおける中古店で購入すれば保証もあって安心だが、個人が出品するフリマやネットオークションとなると、残念ながら問題のある端末が混じっているかもしれない……。そこで今回は、中古のiPhoneを購入するときに確認しておきたい11のポイントを紹介しよう。

【1】製造番号(IMEI)を確認して「赤ロム」でないか確認する

中古のiPhoneのなかには端末代金の支払いが完了しておらず、ネットワーク利用制限がかけられているものがある。これらは一般的に“赤ロム”と呼ばれており、中古iPhoneを購入するときに、絶対に避けなければならない重要なポイントとなる。

赤ロムかどうかはIMEI(国際移動体装置識別番号)を調べることで確認できる。iPhoneには個別にIMEIが割り振られているので、この番号を入手して自分で確認すれば、赤ロムを避けられるというわけだ。

IMEIを調べるにはiPhone本体の「設定」→「 一般」→「情報」画面で、下にスクロールすると確認できるほか、「*#06#」に電話をかけることでも、IMEIを調べることができるようになっている。

【1】製造番号(IMEI)を確認して「赤ロム」でないか確認する1
iPhoneの「設定」→「 一般」を開き(左写真)、「情報」をタップ(右上写真)、続いて画面を下にスクロールするとIMEIを確認できる(右下写真)

入手したIMEIは各キャリアのIMEI照会サイトで調べることができるが、どのキャリアで販売されたものか分からない場合は、snowyskiesの「ネットワーク利用制限チェッカー」といったWebサイトを利用することで確認可能だ。

●snowyskies「ネットワーク利用制限チェッカー」→こちら

判定は「〇」なら端末に問題がなく通信が可能な状態。「△」は通信は可能だが将来は通信できなくなる可能性がある。「×」は何かしらの制限がかかっており通信ができない状態。「ー」はキャリアに登録されていないことを示す。

「〇」判定なら問題ないが、「△」や「×」判定だった端末は避けたほうがいいだろう。ちなみに、「〇」判定のiPhoneは「白ロム」と呼ばれており、通信に問題がない端末であることを意味する。

【1】製造番号(IMEI)を確認して「赤ロム」でないか確認する2
IMEIを入手したら、「ネットワーク利用制限チェッカー」サイトで「IMEI/MEID入力」欄に貼り付ける。次にチェック対象キャリアを選択(複数可)して「予約する」を押そう。メッセージ欄で順番待ちを確認できるが、結果が出るまで数分かかることもある(画像はネットワーク利用制限チェッカーより転載)

【2】シリアル番号でAppleの保証状況を確認する

iPhoneの製造番号(IMEI)と同じように、Appleの保証がどうなっているかを確認するには、個別に付与されているシリアル番…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合