NEW

面倒くさいラーメンマニアとは違う「文系ラーメンファン」の流儀とは?

文=沼澤典史/清談社
【この記事のキーワード】, ,
ラーメン(「gettyimages」より)
「gettyimages」より

 もはや“国民食”としてだけでなく、日本発のカルチャーとしても世界的に認知されているラーメン。名店のガイドブックなども多く存在するが、『教養としてのラーメン ジャンル、お店の系譜、進化、ビジネス――50の麺論』(光文社)はラーメンの歴史や文化を独自の視点で解説した、業界の「基礎講座」的な内容の本である。そこで、「文系ラーメンファン」とも呼ばれる考察系ラーメン文化の解説や、今後のトレンドなどについて、著者の青木健氏に聞いた。

異例のライトユーザー向け基礎知識本

 ラーメン専門のデザイナー・イラストレーター・漫画家などとして活動する青木氏は、ラーメン店のロゴやメニュー表、ユニフォームなどのデザインを手がけている。国内外に数十店舗展開する「ラーメン凪」や、ラーメン店で初めてミシュランの星を獲得した「蔦」、同じくミシュラン掲載店「金色不如帰」などのロゴは青木氏によるものだ。ラーメンにハマったきっかけについて、青木氏はこう語る。

「もともと好きな食べ物のひとつでしたが、30歳手前でラーメンのガイドブックを買い、ラーメン記録をつけ始めたことにより、熱量が増し始めました。今53歳なので、マニア歴は20年以上。現在までに、6500店舗ほど食べ歩きました。1日に何杯も食べることもありますが、平均して1日1杯くらいのペースです」(青木氏)

 四半世紀ほどラーメンを食べ歩く中で、青木氏は独自の見解をいくつも獲得していた。そこにラーメン本出版の話が持ち込まれる。しかし、学術的なアプローチの「ラーメン評論」への理解は低く、出版までは難航したという。

「おいしい店特集とかガイドブックは、世間の素人評論家やブロガーでもたくさんやっているので、僕の出番ではないですよね。本書をプロデュース・編集してくれた石黒謙吾さんから、現代のラーメンについての基礎知識をまとめるような本を作れないか、という話をいただきました。その石黒さんが出版社に企画を持ち込んでくれたのですが、30社くらいに断られたそうです」(同)

 そのような苦労の末、完成したのが本書である。日本のラーメン年表、系列店の基礎知識、ラーメン用語の解説など、ライトユーザー向けの内容となっており、青木氏もそのような人に読んでほしいと話す。

「ラーメン店にとってはライトユーザーが一番大事で、客層としても多い。コアファンは名店やコアなお店にしか行きませんから、普通のお店にほどほどの頻度で行くライトユーザーがラーメン業界を支えているといってもいいんです。なので、そういう人にもっとラーメンを身近に楽しんでもらえるような基礎的内容にしました。ライトユーザーと思われる読者からは『ラーメンについて知っていたつもりだったけど、知らないことがたくさんあった』という反応もいただけて、うれしいですね」(同)

「文系ラーメンファン」とは何か

 ラーメンマニアというと、年間の食数などを誇示する人や、行列に辛抱強く並び、殺伐とした雰囲気でラーメンをすすっている姿などをイメージしがちだ。しかし、青木氏の信条は、そのようなイメージとは違っている。

『教養としてのラーメン ジャンル、お店の系譜、進化、ビジネス――50の麺論』 書斎派ラーメンファン待望の、ありそうでなかった、ラーメン全体を俯瞰した<完全基礎講座>。ビートたけしさん絶賛「この人、すごいなあって思うわ」 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合