NEW

あびる優、元夫・才賀の疑惑を告発…社会問題化する「違法な子の連れ去り」の根深さ

文=Business Journal編集部、協力=山岸純弁護士/山岸純法律事務所代表
【この記事のキーワード】, ,
あびる優、元夫・才賀の疑惑を告発…社会問題化する「違法な子の連れ去り」の根深さの画像1
あびる優のInstagramより

 タレントの「あびる優」が20日付「文春オンライン」記事に登場し、元夫で格闘家の才賀紀左衛門が裁判所の決定を無視して、親権者が「あびる」に移ったのにもかかわらず長女・Aちゃんを違法に連れ去った状態を続けていると告発。21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、婚姻中の才賀から「あびる」へのモラハラ・DV疑惑なども交えて詳細が報じられる。

「あびる」は2014年9月のテレビ番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)放送中、才賀との結婚を生発表。のちに2人揃って出席した結婚会見では報道陣の前で“熱烈キス”を披露したことも報じられ、15年5月には長女のAちゃんが誕生した。

 しかし、「あびる」と才賀は19年12月に離婚。あびるは同13日付のインスタグラムで、

「これからも●●(編集部にて伏字)のママとして、大切に大切に愛情いっぱいに育てていくことを誓います」

とつづり、離婚後の子育てについて宣言。そのため当初、親権を持ったのは「あびる」とみられていたが、才賀は翌日付のインスタで、

「僕、才賀紀左衛門が親権並びに監護権(育児権)を持ち責任を持って育てていく事を表明いたします」

と主張(当該投稿は削除済み)。さらに、才賀は同19日配信の「AERA dot.」記事でインタビューに応じ、親権や監護権を譲らなかった理由について、

「優の酒癖の悪さ、お酒との関わり方を知っているからです。その悪癖を考えると、どうしても娘を渡すことができません」

と「あびる」側の非を主張した。これにより、ネット上には「あびる」に対する批判が続出。また、以降は才賀のインスタやブログに“父娘”の写真が掲載されるたびに「素敵なパパ」「応援しています!」といったコメントが目立つようになった。

 才賀といえば、「あびる」との結婚会見後に発売された「女性セブン」(小学館)により離婚歴を報じられたことも。10代で結婚し、前妻との間に子どもも2人生まれていたが、才賀が自宅に女性を連れ込んでいたことが発覚し、前妻が子どもたちを引き取って離婚したという。

 つまり、「あびる」とは再婚だった才賀。報じられた“バツイチの理由”が不貞とあって、ネット上には才賀への批判や「あびる」を心配する声もあったが、2度目の離婚後はシングルファザーとしてAちゃんを育てるなかで、才賀の評価が上がっていった印象だ。

 そして今年6月、才賀と交際していた元読者モデルでフリーライターの絵莉さんの妊娠がわかり、その後、入籍はせずに事実婚という形を取ることも発表された。正式には“3度目の結婚”ではないにしても、才賀は新たな家庭を築いていくようにみえた。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合