NEW

ホリエモン、ワクチン接種めぐり音楽デュオの相方と絶縁 相手は「ワクハラはダメ」と反論

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】
ホリエモンに絶縁された音楽活動の“元相方”が作品削除に異議の画像1
Twitter「CEOセオ@ceo_01music」より

 実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文氏が音楽デュオ「ホリエモン&CEOセオ」を組んでいた起業家でアーティストのCEOセオ氏に対し、新型コロナウイルスワクチンを接種していないことを理由に絶縁を突きつけたことが波紋を広げている。

 騒動の発端は、堀江氏が22日にFacebookで「一緒に仕事してた人が新コロのワクチン打たずに2回もまあまあひどい症状なってるの知って愕然としてる。それでも打たないって頭悪すぎ。社会悪。当然縁を切った」と記したことだった。

 直後、CEOセオ氏はTwitterで「ホリエモン&CEOセオは解散となりました」と報告。その一方で「尊敬する堀江さんですが、そこまで個人の行動を合わせる事は出来ないので仕方ないです。ワクチンって個人の判断のはずですが実態は違うんですよね…マスクと一緒や」と、どこか釈然としない様子を見せていた。

 さらに、CEOセオ氏は23日に「既にNO TELEPHONEやセケンテー(ホリエモン&CEOセオの楽曲)のMVはホリエモンチャンネルから勝手に削除したみたいです。これまでの視聴者や制作者のこと何も考えてませんね。。クリエイターを馬鹿にしてます。作品が可哀想」などと不満を吐露。

 25日にも「ちなみに私は今でも堀江さん嫌ってません。一緒に活動出来たから良い作品が作れたのでむしろ感謝しています。あと口が悪いのは昔から知ってますので全然問題ないです」とした上で、「だから解散とか絶縁は主義主張の違いなので仕方ないのですが、問題は作品を勝手に削除した事です。何とか復活させたいと思います」と主張していた。

 しかし、これに堀江氏は「勝手って俺のチャンネルだから当たり前やん」とバッサリ。その後もCEOセオ氏が「ワクチン打つも打たないも自由。でも強制されるべきものではない」「会社とか組織で接種を強制するようなワクハラはやっぱダメだよね」「ワクチンで集団免疫っていつの話や」などと持論を展開すると、堀江氏はそれらの発言を報じた記事を引用して「縁を切ってよかった」と改めて絶縁を強調した。

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合