NEW

ガーシー、新SNSで暴露を再開し物議…小栗旬らはノーダメージ、影響に陰りも

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
ガーシー、新SNSで暴露を再開し物議…小栗旬らはノーダメージ、影響に陰りもの画像1
ガーシーのInstagramより

 人気YouTuberで参院議員のガーシーこと東谷義和氏が、マストドンを使った独自SNS「GC2」を立ち上げ、さっそく得意の暴露話の投稿をスタートさせ、話題を呼んでいる。

 これまで数多くの企業経営者や芸能人のプライベートにまつわる話をSNS上で明かしてきたガーシー。特に今月投開票された参議院選挙に立候補して以降は、連日にわたり動画配信を行い、港区界隈の人脈や知り合いの経営者、女性たちから入手したという情報に基づき、ある有名企業経営者への批判を集中的に展開。その一方でTwitterアカウントの凍結やYouTubeアカウント「ガーシーch」の一時BAN(凍結)がなされ、現在は主にインスタライブなどを使って情報を発信している。

 そして18日には“チャンネルBAN”対策として、一般の人々から“捨てアカ”を募集して、それらのアカウントを使って動画を投稿をしていく考えを発表。はやくも同日中に1000を超えるアカウントを獲得したことを報告したものの、ガーシーの支援者でこれまで動画での共演も多かった東京美容外科統括院長の麻生泰氏は21日、Twitterで「ガーシーさんとのコラボライブがYouTube側より削除されてしまいました」と投稿。

 27日には“青汁王子”の愛称で知られる実業家の三崎優太氏が、ユーチューバー・ヒカルと実業家・与沢翼氏とともに出演するYouTube企画「賛否両論」でガーシーをゲストに招く予定だったが中止になったと明かし、

「もろもろ番組的に、今ガーシーさん界隈のチャンネルが何かいろいろあるっていうことで、できなくなっちゃったんですね」

と説明。一方では、YouTube上に多数アップされていたガーシーが出演する動画の“切り抜き動画”も次々と削除され、切り抜き専門チャンネルも続々と凍結されており、第三者のアカウントを利用しての動画配信活動が行き詰まる可能性も出ていた。

「YouTubeの運営元は、ガーシー本人のチャンネルに加えて、第三者のチャンネルにアップされたガーシーが登場する動画まで削除する動きをみせており、下手をするとガーシーとコラボした人のチャンネル全体に影響が出る恐れも指摘され始めている。ガーシーは過去に関与した“BTS詐欺”の被害者への弁済や、自身がつくった借金の返済にYouTubeチャンネルで稼いだ収益を当てようとしていたが、早くもその目算が崩れ始めているのでは」(IT企業社員)

インスタのアカウント停止の可能性も?

 こうした状況を打破するためガーシーは13日、マストドンを使った独自SNS「GAAC2 FREE SPEECH」を立ち上げ。ガーシーと交流がある実業家・高橋理洋氏が「言論の自由を尊重したSNS」として立ち上げたものだが、27日には名称を「GC2」に、ドメインを「freespeech.gaac2.com」から「gc2.jp」に変更。28日にはその「GC2」上で初投稿して、前出の有名企業経営者が女性に送ったとされるSNSメッセージを公開。翌29日には、その経営者の“アテンダー”だという男性が有名アスリートと映った写真を投稿し、物議を醸している。

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合