NEW

スーパーの安いステーキ肉が高級レストラン並みに柔らかく&美味くなるレシピ実践

文=TND幽介/A4studio
【この記事のキーワード】, ,
スーパーの安いステーキ肉が高級レストラン並みに柔らかく&美味くなるレシピ実践の画像1
シャリアピンステーキ

 あるTwitterユーザーが6月13日に呟いた以下の投稿が大きな話題を呼んでいる。

「スーパーの安いステーキ肉は、すりおろした玉ねぎをたっぷり纏わせて冷蔵庫で1晩。そのあと焼いたところに玉ねぎぶっかけて軽く加熱すれば、バターと塩コショウだけで柔らか熟成ステーキになるって、あるフレンチの名店のチーフシェフの友人に習ったけどこの情報いります?」(原文ママ)

 このツイートへの反応はかなり大きいようで、6月22日時点で4.1万リツイート、28.7万「いいね」を獲得している。ツイートには多くのリプライが寄せられ、そのなかには「『シャリアピンステーキ』というレシピに該当するのでは?」という意見も多かった。

 そこで今回は、そんなシャリアピンステーキを実際に調理&実食レビュー。スーパーの安い肉が、ちょっとした手間でどれほどレベルアップするのか、大注目レシピの実力を試してみた。

1000円以下のステーキ肉でもOK、お肉を柔らかくする秘訣は玉ねぎにあり

 話題となったとツイートには材料の細かな分量などが記されていなかったので、今回はリプライに寄せられていた、あるレシピ動画を参考に調理を進めることにした。

 それは、東京・四ツ谷にあるフランス料理レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ、三國清三氏のYouTubeチャンネルで公開されている「#370『シャリアピンステーキ』赤身の牛肉を楽しむ!|シェフ三國の簡単レシピ」という動画。さっそく動画も参考にして作っていこう。

スーパーの安いステーキ肉が高級レストラン並みに柔らかく&美味くなるレシピ実践の画像2

 用意する材料は「牛ランプ肉(2枚)」「玉ねぎ(2個)」「無塩バター(20g+10g)」「サラダ油(大さじ2)」「塩・胡椒(適量)」となっている。動画のレシピには付け合わせ用に「クレソン(適量)」と「フライドポテト(適量)」の記載があったが、話題になったツイートはあくまでお肉だったので、割愛させていただいた。

 また、今回はランプ肉が手に入らず、2枚で税込666円の「牛モモ肉(2枚)」で代用したが、ランプ肉は腰からお尻、モモにかけての部位とのことなので、味わいに大きな差はないはず。どちらにせよ、脂身の少ない赤身のモモ肉であれば違いはなさそうだ。

 プロのフランス料理人が教えるレシピとあって身構えてしまっていたが、蓋を開けてみれば意外とシンプルな材料で驚かされた。

スーパーの安いステーキ肉が高級レストラン並みに柔らかく&美味くなるレシピ実践の画像3

 次に作り方だが、まずは「玉ねぎ(2個)」のうちの1個をおろし金などですりおろしていく。正直なところ、かなり目がやられるのだが、そこは美味しい料理のため頑張っておろしていこう。おろし機能付きのフードプロセッサーなどがあれば、ものの数十秒でできてしまうので、もしそうした調理器具を持っているのなら活用したほうが楽なはずだ。

スーパーの安いステーキ肉が高級レストラン並みに柔らかく&美味くなるレシピ実践の画像4

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合