NEW

「マイナポイント第2弾」何を基準にキャッシュレス決済を選ぶ? 6つの条件で解説

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2022年6月から本格的に始まったマイナポイント第2弾。対象となるキャッシュレス決済を選び、手続きを済ませると最大2万円分のポイントがもらえます。でも、いったい何を基準にキャッシュレス決済事業者を選べばいいのでしょうか? そこで今回は、マイナポイント第2弾のキャッシュレス決済事業者を6つの条件から選ぶ方法を解説します。

マイナポイント第2弾の基本と注意点は?

マイナンバーカードの普及を目指して実施されている「マイナポイント」キャンペーン。その第2弾が2022年6月30日から本格的にスタートしています。テレビでも盛んにCMを打っているので、ご存じの方も多いでしょう。

そもそも、「マイナポイント第2弾」とは、マイナンバーカードを取得した者が3つの条件をクリアすることで、最大2万円分のポイントがもらえるキャンペーンです。

その条件とは【1】マイナンバーカード新規申し込みでキャッシュレス決済利用をすると決済金額の25%(最大5,000pt)還元、【2】健康保険証の利用申し込みで7,500pt、【3】公金受取口座の登録で7,500ptとなっており、この3つを合計すると最大2万ptになります。

もし、マイナポイント第2弾についてさらに詳しく知りたいという人は、こちらの記事を確認してください。

■マイナポイント第2弾の内訳

【1】キャッシュレス決済の利用で決済金額の25%(最大5,000pt)還元
【2】健康保険証の利用申し込みで7,500pt
【3】公金受取口座の登録で7,500pt
※合計最大2万pt
※第1弾に参加済みの人は【1】は非対象となり最大1万5,000pt

マイナポイント第2弾では、マイナンバーカードを普及させることで、国民の生活の利便性を向上させるだけでなく、国内消費活性化のためにQRコード決済や電子マネーなど「キャッシュレス決済」サービスを活用させる目的もあります。

そのため、【1】~【3】すべてのマイナポイントは、登録キャッシュレス決済事業者のいずれかを通して付与されることになっているのです。

つまり、マイナポイント第2弾で最大2万ptを受け取るには、クレカやスマホ決済アプリ、電子マネーなどを自分で選んで申し込まなければなりません。

●総務省「マイナポイント第2弾」→こちら ●マイナポイント第2弾「決済サービス一覧」→こち…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合