NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

円安が大学生の海外留学コストを直撃…それでも千葉大学は全員留学を課すのか?

文=木村誠/大学教育ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,

日本国内で留学効果が期待できる分校も出てきた

 2020年秋、アリゾナ州立大学/サンダーバードグローバル経営大学院―広島大学グローバル校が広島大学東広島キャンパス内に設置された。国立大として初めてのケースである。

 アリゾナ州立大学は「THEインパクトランキング2022」で世界2位(米国1位)で、イノベーションなどの分野では世界トップクラスであると評価が高い。4年間を広島大キャンパスで学ぶ「4+0」と、後半はアメリカで学ぶ「2+2」のコースがある。授業料は年間約340万円と相当な額だが、アメリカでは珍しくない。

 このように、留学しないでも日本の大学キャンパスで外国の実績ある大学の学位を取れるようになれば、選択肢は広がる。コロナ禍においても海外留学に夢を持つ学生は増えていると思われるが、コロナ終息が見えない中で円安が直撃して深刻な状況が続いている。日本のグローバル化の学びの多様化を考える機会とすべきであろう。

木村誠/大学教育ジャーナリスト

早稲田大学政経学部新聞学科卒業、学研勤務を経てフリー。近著に『「地方国立大学」の時代–2020年に何が起こるのか』(中公ラクレ)。他に『大学大崩壊』『大学大倒産時代』(ともに朝日新書)など。

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合