NEW

災害時に役に立たない恐れアリ!真夏の防災グッズ“買っちゃダメ”な5つを選定

文=清談社
【この記事のキーワード】, ,
「ヤフオク! - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ」より
ヤフオク! – 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ」より

 夏は災害の季節でもある。特に近年の日本は台風やゲリラ豪雨による水害が頻発しており、常に警戒しておく必要があるだろう。また、今夏は猛暑な上に電力不足も叫ばれており、これらが複合して、さらなる災害が起こる可能性もある。

 そこでまず考えたいのは、自分の身を自分で守る「自助」だ。そのためにも防災グッズは必須だが、オークションサイトなどで購入するときには気をつけたいポイントがある。そこで今回は「ヤフオク!」で見つけた、あまりオススメできない防災グッズを5点紹介する(各種情報は調査時点)。

簡易マルチテント

 どんな場所でもサッと拠点を作ることができるマルチテントは、雨風をしのぐことができるため、防災グッズとしても有用だ。その最大のメリットは、軽くて薄く、コンパクトに持ち運びできる携帯性にある。屋外の広域避難場所などでも、手軽に休憩スペースを確保することができるだろう。

災害時に役に立たない恐れアリ!真夏の防災グッズ“買っちゃダメ”な5つを選定の画像1

 今回紹介するMONTAGNAというメーカーの簡易マルチテントは、ヤフオク!で送料含めて2000円以下で購入することができる。しかし、安価なのには相応の理由がある。このテントはロープ1本で天井部分を吊り上げるタイプで、そもそもロープをかける木の枝などのポイントがなければ、テントとしての用途を満たすことができない。

 さらに、クッション性が低く、そのまま寝ると地形の影響をダイレクトに受けてしまうリスクもある。ロープを使わずに寝袋のように使うことも可能なようだが、内部が保温性の高いアルミ素材なので、真夏に使うには暑すぎるかもしれない。

急速充電大容量モバイルバッテリー

 今や日常生活になくてはならない存在となったスマホ。非常時も重要な連絡ツールであり、ネットニュースやSNSで情報収集したり、ライトや時計代わりになったりすることも考えると、もはや最重要ライフラインといえる。そのため、スマホのバッテリー切れを避けるべく、大容量のモバイルバッテリーを備えておきたいと考えている人は多いだろう。

災害時に役に立たない恐れアリ!真夏の防災グッズ“買っちゃダメ”な5つを選定の画像2

 ヤフオク!には、さまざまなタイプのモバイルバッテリーが出品されているが、中には9万9000mAhという超大容量のものが数百円で売っていることもあった。このような安価な外国製モバイルバッテリーには、スペック詐欺だけでなく、粗悪品が混ざっていることが多い。一度充電しただけで使えなくなったり、使用中に異常に熱を帯びたりするなど、非常に危険なものが届いたという報告も多い。災害時に発火などしてしまったら本末転倒なので、信頼できるメーカーのものか、値段と性能が妥当なものを選ぶようにしたい。

折りたたみ式ヘルメット内蔵型防災ずきん

 日頃から災害に備えた状態で生活する「フェーズフリー」という概念が注目されている。その好例として挙げられるのが、昔ながらの「防災頭巾」だ。東日本大震災時には、座布団と非難時の頭部保護という2つの使い方だけでなく、避難所では防寒具やまくらの代わりになったという実例も報告されており、その有用性は高い。

災害時に役に立たない恐れアリ!真夏の防災グッズ“買っちゃダメ”な5つを選定の画像3

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合