NEW

Snow Man向井、ルッキズム&セクハラ発言連発…他メンバーに批判が飛び火

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
Snow Man向井、ルッキズム&セクハラ発言連発…他メンバーに批判が飛び火の画像1
ジャニーズ事務所

 2020年1月にシングル曲『D.D./Imitation Rain』(「Snow Man vs SixTONES」名義)でメジャーデビューし、いきなりミリオンセラーを達成。現在までに6枚のシングル、1枚のアルバムをリリースし、昨年には全国7カ所を回るライブツアー『Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania』を敢行。『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)、『Snow Manの素のまんま』(文化放送)の2本の冠番組を持つほか、各メンバーはソロでもテレビや映画、舞台に出演するなど、目覚ましい活躍を見せている。

 そんなSnow Manのなかでも関西出身で“お笑い担当”なのが向井康二だが、7月27日にSnow ManのYouTubeチャンネル上で公開された動画『【帰ってきた阿部ちゃん先生】決して大喜利ではございません!!』内で、「邪馬台国の女王・卑弥呼の特技とは?」というお題に対して「男を寄せないために、卑弥呼さんの特技は、一重にする」と“ボケ”てメンバーたちが爆笑。これがルッキズム発言だとして、以下のようにSNS上で批判を浴びる事態となっている。

<向井康二の一重いじり本当に最悪。笑ってるメンバーも一緒だからな。すのちゅーぶ面白くて見てたけど、もう見ない>(原文ママ、以下同)

<向井康二くん、前からこういうこと言って炎上してるのに一重の女の子はモテないとか最低>

<今日のすのちゅーぶ見て、向井担(ほぼ降りてる)で元一重(埋没済み)のわたしは、心にグサッと刺さるものがありました。コンプレックスだったから埋没したし>

<私も一重ですが、好きなアイドル(笑ってたメンバー含む)にまで一重で傷つけられるんだ感じでもう本当に泣きたい。一重は必死にアイプチしたり整形したりしてんだよもうやめてくれよ。阿部ちゃん先生大好きだけど二度と見ない。てか見れない>

<思春期の頃、一重をずっとコンプレックスにして自分が気にしてるだけだ周りからは何とも思われてない大丈夫と言い聞かせてた自分は、本当に馬鹿だね>

<あの発言含め失言多い向井康二も、それを一緒に笑うSnowManメンバーと撮影スタッフも、編集してて違和感感じないスタッフも、「関西ノリ」「私は一重だけど大丈夫!」「この程度で…」っていうスノ担もまとめて無理>

二宮和也やカミセンへの発言も話題に

 批判の矛先が、向井の発言に笑っていた他のメンバーたちにも飛び火しているようだが、向井の発言が炎上したのは、これが初めてではない。向井はそのお笑いセンスが評価されてバラエティ番組への出演も多いが、過去には以下のようにたびたびその発言がSNS上でファンたちをザワつかせることもあった。

・19年7月

『らじらー!サタデー』(NHKラジオ)内で、就活面接でスーツのパンツのチャックが全開だったことに気が付いたが内定をもらったという女性リスナーからの投稿に対し、「それのおかげで受かりましたよ」「審査員の人も“うおー、すごー”って」と発言。これにセクハラとの指摘が続出。

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合