NEW

ひろゆき「賠償金逃れで海外逃亡」説をドワンゴ川上氏が否定 ガーシー発言に反論

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】, ,
ひろゆき「賠償金逃れで海外逃亡」説をドワンゴ川上氏が否定 ガーシー発言に反論の画像1
「続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記」より

 2ちゃんねる開設者の「ひろゆき」こと西村博之が裁判で命じられた賠償金を「踏み倒す」ために現在居住しているフランスへ海外逃亡したとの説について、盟友であるドワンゴ創業者の川上量生氏が完全否定した。

 川上氏は8日、自身のブログで「ひろゆきの賠償金未払いの真相について」と題し、暴露系YouTuberで参院議員の「ガーシー」こと東谷義和がひろゆきに対して「同じ穴のムジナ」と言い放った騒動に言及した。

 騒動の発端は、ひろゆきが自身のTwitterで「詐欺の逃亡犯」などと東谷を揶揄したこと。それに対して東谷が「不当逮捕のおそれがあるので帰国せずにドバイに滞在している」とする自身の状況と「賠償金から逃れるためにフランスへ逃亡した」とされるひろゆきの境遇について「同じようなものだが、自分は被害者にお金を返している」と言い返したことで騒動がヒートアップした。

 この件について、川上氏は「まず、これはひろゆき自身も書いていることだが、パリに住んでいることと賠償金未払いというのは全く関係ない」と断言、「ひろゆきがパリへ移住したのは、賠償金の支払う義務が時効により消滅してから後だ」「だからひろゆきは賠償金の支払いから逃れるためにパリに逃げているわけではない。たんに移住しただけだ」とも綴り、逃亡説を完全否定した。

 また、ひろゆきが総額30億円ともいわれる賠償金を抱えるようになったのは「2ちゃんねるに関わる訴訟の数が膨大になってきて、物理的に出廷が不可能になった」からだとし、川上氏は「ひろゆきが踏み倒したとされる賠償金も、裁判に出席しないから負けただけで、ちゃんと裁判をしてればそもそも支払う必要のないお金だということだ」と持論を述べている。

 ひろゆきが訴訟を起こされたのは、2ちゃんねるで名誉棄損などの悪質な書き込みを削除せずに放置したことが理由であるケースが大半だが、これも川上氏は当時ネットにうとい人が多かったために「2ちゃんねるが用意した削除要請のフォーマットは見てもらえず、いきなり訴訟をおこなうケースが全国で多発していた」という事情があったと明かした。

 川上氏はひろゆきについて、某有名動画サイトの立ち上げに協力してもらうようになってからは「裁判に応じるようになったので、新しい賠償金は発生していない」とし、改めて「裁判さえちゃんとすればひろゆきが勝つ」と強調している。

 川上氏はその一方で「いずれにせよ、ひろゆきの訴訟無視、賠償金支払い無視という戦略を、同情の余地はあるにせよ、僕として肯定しているわけではない。やはりまともな社会人としてはあり得ないと当時も今も思っている」とも綴っているが、東谷の「同じ穴のムジナ」発言については「ひろゆきの賠償金未払いとは根本的に性質が異なる」と指摘した。

 これを受けて、ひろゆきはTwitterで「現在はプロバイダー責任法案があるので、Twitterで名誉毀損する人が責任を負いますし、Twitterは責任ないです。過去はTwitterで名誉毀損が起きたらTwitter社が投稿を知らなくても裁判されるとTwitter社が負けるという法整備でした。おいらが法が悪いと言ってた所以です」とコメントし、当時の“法の不備”によって多くの訴訟を起こされていたのだと主張している。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合