NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

小室圭さん、司法試験に不合格でも余裕の理由…「元皇族の夫」として優遇か

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
小室圭さん、司法試験に不合格でも余裕の理由…「元皇族の夫」として優遇かの画像1
宮内庁のHPより

 秋篠宮家の長女、眞子さんの夫である小室圭さんは、7月26日と27日の両日、3度目のニューヨーク州司法試験を受けた。その際、試験会場から出てきたときの姿をYouTuberに撮影されている。投稿された動画では、笑みを浮かべているようにも見え、余裕があるような印象を受けた。

 過去のデータを振り返ると、7月の試験における再受験者の合格率は非常に低いことがわかる。昨年のデータでは、再受験者の合格率はわずか18%だったそうなので、不合格になる確率のほうが圧倒的に高い。今度不合格になったら、現在の勤務先であるローウェンスタイン・サンドラー法律事務所を解雇されるのではないか、それなのにこんなに余裕があるのは一体なぜなのかと不思議でたまらなかった。その理由について「週刊文春 」(2022年8月18日・25日号/文藝春秋)が報じている。

「文春」によれば、「小室さんは弁護士になることが前提で事務所に雇われているわけではない」という。だから、「事務所としても、圭さんはロークラーク(法務助手)のままでも構わない」というスタンスのようだ。

 さらに、この事務所のロークラークの給与が高いことが、小室さん自身の「ロークラークのままでも構わない」という認識を後押ししている可能性も考えられる。米労働局のデータでは、ニューヨーク州のパラリーガルやアシスタントの平均給与額は年約854万円だが、小室さんの事務所のロークラークの給与額の平均は、ニューヨーク勤務だと年約1605万円らしい。これは、弁護士の初任給である年収約2000万円強に比べると少ないとはいえ、月額約133万円にもなる。だから、小室夫妻が現在住んでいるマンションの家賃、約47万円を引いても、約86万円が手元に残る計算になる(「文春」より)。とすれば、もともと物価が高いうえに、現在超インフレに見舞われているニューヨークでも何とか暮らしていけるのかもしれない。

不合格でもクビにならないから必死さが足りない?

 小室夫妻がロークラークの収入でも生活することができ、2人ともそれに満足しているのなら、他人が口をはさむことではないだろう。以前、小室さんのロークラークとしての年収は600万円程度と報じられたとき、それでは家賃を払うだけで精一杯のはずで、それ以外の生活費をどうしているのだろうかと心配した。もしかしたら眞子さんの持参金や皇室からの“ロイヤルサポート”でまかなっているのではないかと疑いもした。しかも、「自由を手に入れるためには自立が必要」というのが私のモットーなので、経済的に自立できていないのにニューヨークで自由を満喫しようとするのは筋違いではないかとも思ったものだ。

 しかし、今回の報道で、ロークラークの給与でも何とか生活できそうだとわかり、少し見方が変わった。とはいえ、疑問が完全になくなったわけではない。引っかかるのは、「圭さんはロークラークのままでも構わない」という事務所のスタンスである。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合