NEW

「チューナーレステレビ」って何? 本当にNHK受信料は不要?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

最近、スマホでSNSやYouTubeなどを見て過ごすことが多く、テレビはほとんど見ない人が増えてきました。それでも、テレビを設置した人はNHKの受信料を支払わなければなりません。そこで今注目されているのが「チューナーレステレビ」です。でも、パソコンの液晶モニターとは何が違うのでしょうか? 本当にNHKの受信料を支払わなくてもいいのでしょうか? 今回はそんな「チューナーレステレビ」について詳しく解説しましょう。

NHKを見なくてもテレビがあれば受信料を払わないとダメ!?

アナタはNHKの受信料を支払っていますか? NHKなんて全然見ていないのに、テレビ(テレビ受信機・チューナー)を持っているだけでNHKの受信料を支払わないといけないのは、納得できないという人も多いことでしょう。

●NHK「NHK放送受信契約・放送受信料についてのご案内」は→こちら

■NHK受信料

【衛生契約】月額2,170円(12カ月2万4,185円)
※衛星放送を受信できるテレビ
【地上契約】月額1,225円(12カ月1万3,650円)
※地上波のみ受信できるテレビ

しかし、逆に言えば「NHKを受信できる機器(テレビ・チューナー)を持っていなければ受信料を支払う必要はない」ということになります。

そこで今注目を集めているのが、テレビの受信機を搭載せす、YouTubeやAmazonプライム・ビデオ、TVerといったネットの動画サービスが楽しめる「チューナーレステレビ」です。これならテレビの受信機を搭載していないので、NHKの受信料は不要になるというわけです。

NHK
(Image:Editorial credit: Dutchmen Photography / Shutterstock.com) テレビを受信できる受信機(テレビチューナー)を設置しているだけで、NHKはまったく見ていなくても受信料を払う必要がある(画像はイメージです)

チューナーレステレビとパソコン用液晶モニターはどう違う?

「チューナーレステレビ」とは、テレビ受信機(チューナー)を内蔵しない製品のことです。

チューナーレステレビは2021年12月にドン・キホーテが発売して注目を集めましたが、その後も2022年5月にUNITECH(ユニテック)、7月にはSmartTVが相次いでチューナーレステレビを発売しています。

「チューナーを内蔵しないなら、パソコンの液晶モニターと同じじゃないの?」と思った人も多いでしょう。

でも、チューナーレステレビには「Android TV」や「Google TV」などの機能が内蔵されており、YouTubeやNetflixといった動画配信サービ…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合