NEW

卒業から8年「AKB=トップアイドルの大島優子」を知らない10代へ教える偉業

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
卒業から8年「AKB=トップアイドルの大島優子」を知らない10代へ教える偉業の画像1
大島優子のInstagramより

 女優でタレントの大島優子が第1子を妊娠していることがわかった。大島といえば、かつて“AKB48不動のエース”として日本のアイドル界のトップに君臨していたが、2014年にAKBを卒業してからすでに8年、2010年に「AKB選抜総選挙」で1位を獲得してシングル『ヘビーローテーション』で初のセンターポジションをゲットしてから12年が経過しており、若い世代、特に10代のなかには、日本中を沸かせたトップアイドル時代の大島を知らない人も出始めている。そこで今回は、“AKB・大島優子”がどれだけの人気を誇っていたのかを、改めて振り返ってみたい。

 8月10日朝に一部メディアで妊娠報道が出た後、大島の所属事務所・太田プロダクションが正式に発表。「現在、安定期に入っており母子ともに順調とのこと」と伝え、大島本人も「新しい命を家族として迎える喜びと共に、無事に生まれてくることを願い、日々を大切に過ごしております。これからもあたたかく見守っていただけたら嬉しいです」とコメントを出した。

 大島は昨年7月に俳優の林遣都との結婚を発表。林は2018年4月期の連続ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)などでも注目を集めた人気俳優で、現在放送中の『初恋の悪魔』(日本テレビ系)では仲野太賀とダブル主演を務めている。

 一方、大島は14年6月にAKBを卒業後、女優業を中心に活躍。林とはAKB時代の12年8月公開の映画『闇金ウシジマくん』で初共演していたが、19年9月~20年3月に放送されたNHK連続テレビ小説『スカーレット』での共演がきっかけで交際に至ったという。

 今では女優のイメージが強くなっている大島だが、それもそのはずで、AKBの「選抜総選挙」で前田敦子(12年8月卒業)と1位争いをしていた頃から、約10年経っているのだ。

 もともと子役として芸能活動をしていた大島は、06年2月に「第二期AKB48追加メンバーオーディション」で合格し、同4月に「AKB48劇場」で公演デビュー。07年にはAKBとして「第58回NHK紅白歌合戦」に初出場し、09年から始まった総選挙でも上位の常連となった。

 初の総選挙「AKB48 13thシングル 選抜総選挙『神様に誓ってガチです』」では前田が1位に輝き、大島は2位だったが、翌10年の「AKB48 17thシングル 選抜総選挙『母さんに誓って、ガチです』」では1位を獲得。同8月発売のシングル『ヘビーローテーション』でのセンターポジションをゲットした。

 その後、11年の「AKB48 22ndシングル 選抜総選挙『今年もガチです』」では前田が1位に返り咲き、彼女は12年の「AKB48 27thシングル 選抜総選挙~ファンが選ぶ64議席~」は辞退して卒業。この年は大島が再び1位となった。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合