NEW

コミケ会場にIEの遺影をもつMicrosoft Edgeが出現!「新盆だから」

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「Internet Explorer」とはMicrosoft社が開発した、かつて、一世を風靡したウェブブラウザのことである。残念ながら「Internet Explorer」は、今年の6月にサポートが終了したため、やむを得ず、最新版のウェブブラウザ「Microsoft Edge」に乗り換えたという人も多いのではないだろうか。

2022年8月13日に投稿された、寺西大地(65.6kg)@dt_palさんの「IEさんが亡くなってから60日、初盆とのことです」というツイートには、擬人化された「Microsoft Edge」が「Internet Explorer」の遺影を手にコミケ会場でたたずむ姿が激写されている。この投稿には、8.6万件を超える「いいね」がついており、ツイッター上で大きな話題となった。

今回は、こちらのツイートに関する詳細と、リプライ欄に寄せられたさまざまな意見をご紹介したい。

コミケの開催は今回で100回目!

ツイートには「#C100」というタグが付いていることから、Internet Explorerの遺影を持つMicrosoft Edgeは、今回で100回目の節目を迎えるコミックマーケットに出没していたようである。

ちなみに、コミックマーケットとは、日本最大級の同人即売会のことで、しばしば「コミケ」と略されているイベントのことだ。会場は東京ビッグサイトで、夏と冬の年2回行われている。

コミケ会場

参加者たちは、暑さや台風などには屈することなく長蛇の列に並び、お目当ての作品の購入や、思い思いのコスプレを楽しんでいるようだ。コロナ禍においてのコミケは、延期や中止の時期もあったため、今回は満を持しての開催だったようである。

コミケの初日は台風による雨風で、参加者は例年よりも過酷な環境に身を投じたわけだが、それでも大盛り上がりだったので、それだけ多くの人に愛されるイベントなのだろう。寂しそうに遺影を持つMicrosoft Edgeも、Internet Explorerの初盆を、陽気なコミケ参加者のみんなと一緒に迎えたかったのかも…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合