NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『石子と羽男』模範解答と言えるドラマが描く、人間の中にある無自覚な悪意の暴走

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
【この記事のキーワード】, ,
「金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』 - TBSテレビ」より
金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』 – TBSテレビ」より

 金曜ドラマ(TBS系夜10時枠)で放送されている『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』は、高卒の弁護士と東大卒のパラリーガルが主人公の一話完結ドラマだ。

 真面目で頭が固い“石子”こと石田硝子(有村架純)は父親の弁護士・潮綿郎(さだまさし)の経営する潮法律事務所でパラリーガルとして働いている。一方、“羽男”こと羽根岡佳男(中村倫也)は、見たものを瞬時に記憶する「フォトグラフィックメモリー」の持ち主だ。しかし、弁護士としての腕は未熟で、予想外のことが起きるとうまく対応できない。

 そんな正反対の性格の2人が組んで難事件を解決していく姿が、本作の見どころだ。

 扱われる事件は、カフェで携帯を充電(窃盗罪)、小学生がゲームで29万円課金(未成年者取消権)、映画違法アップロードで逮捕(著作権法違反)、電動キックボードでひき逃げ(救護義務違反)、隣人とのトラブル(相隣紛争)といった身近な案件が多い。

 弁護士が主人公のドラマは、国や企業のからんだ政治的な事件や、殺人事件のような大きな社会問題が扱われることが多い。しかし、『石子と羽男』は一般視聴者にとっても身近で いつ自分が当事者になってもおかしくない小さな事件を扱っているので、作品世界に入りやすい。

 脚本を担当する西田征史は、ドラマ、映画、アニメといったさまざまなジャンルで活躍している脚本家で、テレビドラマでは『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)や連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)の脚本で知られている。お笑い芸人出身の西田はコミカルな会話劇を得意としており、アニメ『TIGER&BUNNY』のようなバディモノを書かせたときに最も力を発揮する。『石子と羽男』も石子と羽男の掛け合いが魅力的で、各登場人物の会話劇だけでも楽しめる。

 一方、プロデューサーの新井順子とチーフ演出の塚原あゆ子は、今のTBSで最も勢いのあるドラマを作っている名コンビ。野木亜紀子脚本の『アンナチュラル』や『MIU404』、最近では『最愛』といった2人が手がけるドラマは、社会性のある重厚なテーマを幅広い視聴者が楽しめる娯楽作に落とし込む手腕が高く評価されている。

『石子と羽男』の中で描かれている事件も、一つひとつはたわいのないものに思えるのだが、掘り下げていくと深刻な社会問題とつながっている。同時に本作は、法律は適切に使用すれば弱者を守る武器になり得るのだ、ということを繰り返し描いている啓蒙的な作品だ。

 劇中で語られるメッセージは至極真っ当で、説教臭く感じることも少なくない。だが、この「正しさ」こそが今の視聴者に求められているという強い確信が、新井順子と塚原あゆ子にはあるのだろう。

ファスト映画で苦い結末を見せた第3話

 その意味で、良くも悪くも模範解答といえるドラマだ。だが時々、模範解答を大きく逸脱する場面が本作にはにじみ出る。それが最も強く出ていたのが、ファスト映画を題材にした第3話だろう。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合