NEW

『カムカム』と真逆、『ちむどんどん』が酷評を浴びる本質的理由…時代考証ミスも

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
『カムカム』と真逆、『ちむどんどん』が酷評を浴びる本質的理由…時代考証ミスもの画像1
NHK『ちむどんどん』のHPより

 NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の8月18日放送回をめぐり、主人公・暢子(黒島結菜)の兄である“ニーニー”こと賢秀(竜星涼)に対して呆れ声が続出している。といっても、賢秀が批判を浴びるのは今回が初めてではなく、放送スタート当初から『ちむどんどん』に対しては批判や不評が多い状況が続いている。

 同ドラマでは、沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・暢子の半生が描かれる。第1~25回までは沖縄編のストーリーを展開していたが、第26回からは東京・鶴見編に移行。暢子は鶴見の下宿先・沖縄料理居酒屋「あまゆ」を手伝いながら、銀座のイタリアンレストラン「アッラ・フォンターナ」で西洋料理の修業も積み、自分の店を持つための資金を貯めていた。

 そんな暢子の兄・賢秀というのが素行の悪いキャラクターで、一攫千金を夢見るが、逆に借金を作るなど金銭トラブルを起こしてばかりのため、ネット上には「ニーニーが最悪すぎる」「笑えなくなってきた」と、たびたび苦言が寄せられていた。

 しかし、今月18日放送回では、またしても賢秀のせいで騒動が勃発。ねずみ講に手を染めていた賢秀は、目を覚まして退会しようとするも、ビジネスの主犯格・黒岩(木村了)から違約金200万円を要求され、暴力を振るわれる。賢秀を助けに向かった暢子は、自分の開店資金200万円を黒岩に渡してしまうのだった。

 賢秀は、暢子の夫・和彦(宮沢氷魚)や幼馴染・智(前田公輝) の前で土下座して「今度こそ心を入れ替えて地道に働く」と述べたが、続けて「何年かかっても、暢子の200万、必ず、必ず倍にして返す」と発言。賢秀は以前にも金銭トラブルを起こして家族に迷惑をかけ、やはり“倍にして返す”と宣言していたため、ネット上では「ニーニーの『倍にして返す』は信用できん」「絶対反省してない」と呆れられてしまった。

 このように、賢秀の言動が視聴者をイラつかせている『ちむどんどん』だが、それ以外の批判も多い。実は、明るくて前向きなキャラの暢子に対しても、「厚かましい」「非常識すぎる」という声は少なくないのだ。

 たとえば、5月24日放送回。「アッラ・フォンターナ」で暢子の先輩料理人が調理したペペロンチーノに対し、オーナー・房子(原田美枝子)は試食した上で“ダメ出し”したのだが、暢子は「美味しいと思いました」「オーナーは、自分で料理しないくせに偉そうです」と発言。ネット上では「暢子のほうが偉そうなこと言っててヤバい」「世間知らずとかそういうレベルじゃない。失礼すぎる」などと“ドン引き”されていた。

“共感を抱かせる”要素

『ちむどんどん』の登場キャラクターのセリフが物議を醸した例はほかにも。7月25日放送回では和彦の上司・田良島(山中崇)が「母親の一番の不幸は、息子と結婚できないことって言うからなぁ」と口にしたことで、「全然理解できないし気持ち悪い!」「田良島さんのキャラ好きだったのに、急に酷いセリフが出てきてもう無理」などと嫌悪感を示すネットユーザーが続出したのだった。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合