NEW

エンリケ夫婦、店の客死亡で「うぜーな」…謝罪動画も即削除、一気飲みに真逆の説明

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
エンリケのInstagramより(編集部にて一部加工)
エンリケのInstagramより(編集部にて一部加工)

 元人気キャバ嬢のエンリケが経営するサロンで“手伝い兼客”の男性が泥酔し、更衣室に放置されたまま死亡した事件をめぐり、エンリケはYouTube上に謝罪コメントの動画を投稿したがすぐに削除し、さらに夫がSNS上で「うぜーな」「めんどくせー」などと投稿するほか、遺族に対し苦言めいた内容も投稿。また、エンリケが亡くなった男性について「イッキしたりとか煽りなど一切なかった」と釈明する一方、夫は「一気飲みしてた」と綴り夫婦で正反対の主張を行うなどして、物議を醸している。

 エンリケは名古屋・栄の元人気キャバ嬢で、多い月には月に5億円も売り上げたことから「日本一のキャバ嬢」とも呼ばれ、キャバ嬢を引退した2019年頃から頻繁にテレビ番組などのメディアに出演するようになり、現在では東京に居を移し、銀座のクラブ「シャンパンサロンエンリケ」や名古屋の寿司店「鮨エンリケ」など飲食店を経営するのに加え、他の事業も手掛けるなど経営者としても手腕を発揮している。

 そんなエンリケが抱えるトラブルが発覚したのは、23日付「文春オンライン」記事が、エンリケが経営する「シャンパンサロンエンリケ」で“手伝い兼客”の男性が泥酔し、更衣室に放置されたまま死亡する事件が起きたと報じたことが発端だった。

「文春」記事によれば、エンリケの店は、客に付いたスタッフが積極的に客がオーダーしたお酒のボトルを飲み、追加注文を促すことで売り上げを上げているといい、エンリケ夫婦は日常的にスタッフに「急ピッチで何本か空けといて」(「文春」より)などとLINEで指示しているという。

エンリケ夫「徹底的に犯人探しをして」

 店での死亡事故というショッキングな内容に加え、事件後の一連のエンリケ夫婦の動きもまた物議を醸している。

 まず7月4日、エンリケは投稿から24時間で消えるInstagramのストーリー機能を使って、「一気飲みやお酒の強要があったわけではありません」などと釈明コメントを投稿。謝罪の言葉を述べる一方、夫婦でヨーロッパ旅行に旅立ち、各地で楽しむ様子をインスタ上にたて続けにアップしていた。 

 報道を受けて批判が広まると、今度はエンリケの夫「ブタさん」がインスタ上に「第1話」から「第18話」という章立て形式で一連の経緯を説明。亡くなった男性の当日の様子について、

<人のグラスも勝手に奪って一気飲みしてたりしてました。それで寝ちゃったのでスタッフが更衣室に連れて行き寝かせてる感じです>

と説明したほか、店のスタッフたちに口外した場合は罰金を払うという旨の誓約書にサインさせていたことについて、次のように綴った。

<情報流出の犯人は 会社のルールを破ってるから徹底的に犯人探しをして然るべき責任を取らせなきゃいけない>

<なぜあんな事実と違う話の記事が出たのか 警察の捜査を邪魔するリーク元はどこなのか この辺は徹底的に調べる必要があると思っている。分かり次第ここのインスタグラムで詳細を実名入りで公開したいと思います>

 加えて、「文春」に亡くなった男性の遺族のコメントが載っていることについても、

<警察から口外禁止を言われているのに記者にコメントしたなんて事は絶対にないと信じているが もし、万が一本当にあんな事実と違う事を言っていたのならお見舞金とかそんな話ではなくだいぶ話が変わってくる>

と記述。一連の投稿に対しSNS上で批判が寄せられると、

<事情知らねーやつが口出すなよ。うぜーな>

<こういうのきてめんどくせーから続き書くの辞めよーっと>

などとも投稿している。

エンリケ夫婦、店の客死亡で「うぜーな」…謝罪動画も即削除、一気飲みに真逆の説明のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合