NEW

【Windows 11】Microsoft EdgeでGmailが開けないときの解決策10選!

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

Windows 11では「Microsoft Edge」がデフォルトのWebブラウザに設定されています。しかし、急にGmailにアクセスできなかったり、ページが正しく表示されないなど、さまざまなトラブルに見舞われることがあります。そんなときはいったいどうすればいいのでしょうか? 今回はMicrosoft Edgeでありがちなトラブルの解決策を紹介します。

「Microsoft Edge」のトラブルの原因にはどんなものがある?

Windows 11のデフォルトブラウザアプリは「Microsoft Edge」になっています。これは、長年Windowsで提供されてきた「Internet Explorer」の後継アプリで、Google「Chrome」より軽快に動作するので、そのまま利用している人も多いでしょう。

しかし、Microsoft EdgeでなぜかGmailを読み込めなかったり、正しくWebサイトが表示されないトラブルもあるようです。原因はいろいろ考えられますが、大きく分けて「Microsoft Edgeアプリの問題」「Windows OSの問題」「プロキシサーバーの問題」などが考えられます。

そこで今回は、それぞれのトラブルの原因と解決策をいろいろ紹介しますので、Microsoft Edgeで不具合があったときは、是非試してみてください。

【Windows 11】Microsoft EdgeでGmailが開けないときの解決策10選!の画像1
Windows 11のデフォルトブラウザは「Microsoft Edge」になっている。トラブルで利用できないと、Googleの「Chrome」アプリすらダウンロードできないので困ってしまう……
「Microsoft Edge」のトラブルの原因は?2
Microsoft Edgeで「Gmail」を検索し、Googleアカウントとパスワードでログインすれば、Gamilを送受信できるが、もし、開けない場合はどうすればいいのだろうか?

【1】Microsoft Edgeのアップデートを確認する

Microsoft Edgeが正しく動作しないときは、アプリのバグが原因かもしれません。まずは、アプリのアップデートを確認してみましょう。

アップデートを実行すれば、バグの修正だけでなく新機能が追加されることもあります。

Microsoft Edgeをアップデートするには、Microsoft Edgeの画面右上にある「…」をクリックし、左のメニューから「設定」を選択。アップデートがあれば実行してみましょう。

もし、「Microsoft Edgeは最新です」と表示されていれば、原因はほかにあることになります。

【1】Microsoft Edgeのアップデートを確認する1
画面右上の「…」をクリックして、メニューから「設定」を選択する
【1】Microsoft Edgeのアップデートを確認する2
左の「Microsoft Edgeについて」を選択したら、右ウインドウでアップデートを実行してみよう。「Microsoft Edgeは最新です」と表示されればOKです

【2】Microsoft EdgeのキャッシュとCookieをクリアする

もし、Microsoft Edgeで特定のWebサイトだけアクセスできない場合は、キャッシュやCookieが破損しているのが原因だと考えられま…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合