香川照之、今夜『六本木クラス』放送中止か、THE TIME,も…CM全社降板へ

香川照之が代表を務めるアランチヲネのHPより

 銀座のクラブのホステスへの性加害や暴行、テレビドラマ制作の女性スタッフへの暴行などが報じられていた人気俳優の香川照之について、自社メディア「トヨタイムズ」編集長役でCMに起用中だったトヨタ自動車は1日、CMの放送見合わせを発表した。これを受け、今夜(1日)放送予定の連続テレビドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)は放送見合わせになるという見方が広まっている。

 先週発売の「週刊新潮」(新潮社)で、2019年に銀座の高級クラブを訪れた際、ホステスの体を触ったり、服の中に手を入れるなどの行為に及び、同店ママがホステスから損害賠償を求めて訴訟を起こされていたと報道されていた香川。今週1日発売の「新潮」は、香川がクラブのママに髪の毛を掴むなどの暴行もはたらいていたと報じ、同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、テレビドラマ制作の女性スタッフにも暴行をはたらいていたと報じた。

「トヨタがCM契約企業のなかでいち早く放送見合わせの判断を下したのは、『文春』で同社の豊田章男社長が香川とクラブで一緒に飲むほど交流が深く、トヨタイムズ編集長への起用も章男社長の意向だったと報じられたことが大きいのでは。もし香川を降板させなければ“社長が仲が良いからという理由で暴行加害者を庇っている”“社長自らトヨタイムズ編集長に抜擢したから香川を切れない”という声があがるのは必至なので、先手を打って厳しい処分を下したのだろう」(全国紙記者)

番組スポンサー企業の意向

 香川はトヨタ自動車やサントリー、東洋水産、アリナミン製薬、大日本除虫菊など数多くの大手企業のCMにも出演中だが、これまで契約解除や放送見合わせ、サイト上の動画・写真取り下げといった動きは出ていなかった。各社はメディアの取材に対し、香川との契約について「検討中」とするにとどめていた。

「トヨタが放送見合わせを決めたことで、他のCM契約企業も一斉に同じ対応を取る。出演中の番組も、スポンサー企業の絡みで降板や放送見合わせは免れない」(同)

 現在、香川は7月期の連続テレビドラマ『六本木クラス』に出演中だが、第一報直後の先週8月25日には第8話が予定通り放送。翌26日にも朝の情報番組『THE TIME,』に出演するなどして、活動に大きな影響は出ないという見方もあった。今夜(1日)に第9話の放送が予定されている『六本木クラス』について、テレビ局関係者はいう。

「国内トップ企業であるトヨタの決断で、一気に空気が変わった。もし『六本木クラス』で香川の出演シーンが流されれば、テレ朝のみならずスポンサー企業の責任を問う声が上がるのは避けられない。また、主要キャストである香川のシーンは多く、香川の出演場面をカットするなり再編集して放送することは現実的に困難なため、少なくても今夜放送分については放送中止という見方が強い。情報番組である『THE TIME,』も降板は免れないだろう」

関連記事

芸能・エンタメ最新記事

編集部イチオシ企画

BJ最新記事

Pick Up News

RANKING

5:30更新

エンタメ

ビジネス

総合

SNS

香川照之、今夜『六本木クラス』放送中止か、THE TIME,も…CM全社降板へのページです。ビジネスジャーナルは、芸能・エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!