NEW

香川照之、トヨタ&電通が「NO」でテレビから強制退場 梨園にも居場所なしか

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】
香川照之、トヨタ&電通が「NO」でテレビから強制退場 梨園にも居場所なし?の画像1
香川照之(GettyImagesより)

 俳優の香川照之の「降板ドミノ」が止まらない。事実上の「芸能界追放」になりそうな状況で、一部では「女性問題に甘い梨園が救いの手を差し伸べてくれるでは」との推測もあったが、そちらもかなり厳しい気配が漂っている。

 「週刊新潮」(新潮社)などによる香川の性加害・暴力・パワハラの疑惑報道を受けて、1日にトヨタ自動車がCMの放映取りやめや年内での契約終了を発表。それをきっかけに同じく香川を広告に起用していたセゾン自動車火災保険、東洋水産、アリナミン製薬が続々とCM取り下げや契約終了を表明した。

 さらに、サントリーが2日に「パーフェクトサントリービール」の新CMに香川を起用しないと発表し、関西電力グループで光放送のサービス「eo光」を提供するオプテージも同日にCMやウェブ広告を取り下げた。残るスポンサーは「キンチョール」のKINCHO(大日本除虫菊)だけだが、こちらも「現在対応を検討中」としており、CM全消滅は時間の問題のようだ。

 世界のトヨタが「NO」を突きつけた意味は大きい。香川が“編集長”を務めていた同社のオウンドメディア「トヨタイムズ」は電通が深く関与しており、ここで「香川はNG」と判断されたとなれば「CM復帰」は絶望的だ。

 そうなるとテレビ的にもタブーな存在になり、香川は金曜MCを務めていた朝の情報番組『THE TIME,』(TBS系)を降板した。

 香川が「カマキリ先生」として出演していたNHKの『香川照之の昆虫すごいぜ』シリーズも「新作を制作する予定はない」として事実上の打ち切りとなり、同局の配信サービスからもコンテンツが削除された。さらに、香川が原作・プロデュースを手がけるEテレのアニメ『インセクトランド』まで5日以降の放送が中止されている。

 11月に公開予定の主演映画『宮松と山下』は予定通りに封切られることが決定したものの、舞台あいさつは「未定」とされた。

 香川は『THE TIME,』での生謝罪で「与えていただける仕事に対しましては、真摯に真面目に一生懸命、全力で、これまで通り挑んでいきたいと思っています」と活動継続の意思を表明していたが、少なくともテレビ界からは「強制退場」となりそうだ。

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合