NEW

ひろゆき氏、前田敦子へ誹謗中傷を展開「かわいいわけでもない。能力・実力ない」

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
ひろゆき氏のYouTubeチャンネルより
ひろゆき氏のYouTubeチャンネルより

ひろゆき」こと実業家の西村博之氏がYouTubeの動画内で、タレントで女優の前田敦子について「かわいいわけでもないし、歌がうまいわけでもない」「“所詮その程度”っていう人が(AKB48の)センターになった」「能力・実力もないけども異常な負けず嫌い」などと発言し、物議を醸している。

 問題となっている発言は、8月27日にひろゆき氏が自身のYouTubeチャンネル上で配信した動画内で飛び出した。この日、視聴者からのコメントで、宝塚歌劇団でたびたび実力が伴わない人事が行われるとの声が出ている件について聞かれた流れで、

「人気のある人がメインに行かないで、人気のない人が上がってくるよねっていうのが、ファン目線でいくと、たまにあったりするんですけど。ただ、ビジネス面でいくと、“この人をメインで行ったほうがいいよね。今は人気がなかったとしても、結果として人気が出るよね”っていうパターンって、審美眼のある人はやるんですよね」

と話題を展開。「AKB48が前田敦子さんっていう人をセンターにしたんですけど」と切り出すと、次のように持論を展開した。

「あの当時の前田さんって、別にめちゃくちゃかわいいわけでもないし、歌がうまいわけでもないし、ダンスがうまいわけでもないし、っていうのなんですけど。能力・実力もないけども異常な負けず嫌いな感じが、見てる人たちにはなんとなく伝わってくるっていうキャラクター性」

「(AKBグループ総合プロデューサーの)秋元康さんは“こいつをセンターにしといたほうが、おもしろいよね”。結果として、いろいろなキャラクターの人たちが出てきて、“でも、やっぱり前田がセンターのほうがいいよね”っていう空気感がつくれるっていうのをにらんで置いたんだと思うんですけど、あれ大正解だったと思うんですよね」

 続けて「あのなかで前田はかわいかったよ」という視聴者からのコメントに対し「へへへ」と笑い、当時のAKBメンバーの容姿についてマイナスの評価をする表現をしたうえで、「だから、どれ選んでも一緒だったかもしれないですけど」とコメント。AKB卒業後の前田の活動について、次のように語った。

「AKBというグループのなかであの配置は、前田さんはいいポジションだったんですけど。じゃあAKBというのを辞めたあとに前田さんが本当に美人だったかっていうと、結局そんなに仕事ないじゃないっすか。芸能人としてかわいいというレベルではなかったと思うんですよ」

「僕の観測範囲では映画の主演とかも、AKB辞めてちょっとあとにあったけど、今、別に美人としてドラマとか映画とか出るわけでもないし、増えてるわけでもないでしょ。“所詮その程度”っていう人がセンターになったっていう、そういう認識なんですけど」

 このほか、視聴者からの前田の容姿を誹謗する視聴者からのコメントに、ひろゆき氏が笑いながら反応する場面もみられるなど、動画内では一貫してひろゆき氏は前田への低い評価を行う発言を続けて、SNS上では次のようなコメントが続出している。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合