NEW

香川照之、山崎賢人の主演ドラマから「降板」報道 TBSに見捨てられた「ミスター日曜劇場」

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】
香川照之、四面楚歌 日曜劇場降板&昆虫ビジネスにも暗雲の画像1
香川照之(GettyImagesより)

 高級クラブのホステス女性への「性加害」報道によって“降板ドミノ”状態になっている俳優の香川照之が、常連の「日曜劇場」からも見捨てられたと伝えられている。

 性加害報道後、香川は山崎賢人が主演する10月スタートのTBS系日曜劇場『アトムの童(こ)』への出演が内定していたと一部で報じられ、その扱いがどうなるのかと注目されていた。

 香川が主人公の宿敵を演じている放送中のドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)は、すでに佳境に入っていることもあって局が「放送続行」を明言。撮影が始まっている『アトムの童』についても、同じように局側がゴーサインを出さざるを得ないのではともみられていた。

 しかし、8日付のスポーツニッポンが「香川照之『最後のとりで』日曜劇場も降板、止まらない性加害疑惑余波」と香川の降板を報道。記事によると、香川は『アトムの童』で山崎が演じる主人公らと対立する企業側のボスとして出演する予定で、すでに6日ほど撮影も済んでいたが、同局の広報部が「所属事務所とも協議の上で総合的に判断し、出演しないことになりました」と降板を認めた。撮影済みのシーンはお蔵入りになり、代役を立てて撮り直すという。

 香川といえば、代表作ともいえる大和田常務を演じた『半沢直樹』をはじめ、唐沢寿明が主演した『ルーズヴェルト・ゲーム』、長谷川博己が主演した『小さな巨人』、松本潤が主演した『99.9―刑事専門弁護士―』、小栗旬が主演した『日本沈没-希望のひと-』など10本以上の「日曜劇場」作品に出演。「ミスター日曜劇場」とも称され、局側は絶大な信頼を置いていたはずだった。

 だが、先述の「性加害」報道によって香川は出演CMが続々と終了し、番組降板も相次ぐ状況となり、完全に局内の空気が変わってしまったようだ。香川は今年1月から堺雅人との“半沢コンビ”でサントリー「パーフェクトサントリービール」のCMに出演していたが、同社は10月以降の新CMに香川を起用しないと発表。事実上の降板となった。

 「日曜劇場」はサントリーが提供スポンサーに名を連ねており、スポンサー企業がCMから降板させた俳優を局がドラマに起用できるはずもない。降板が降板を呼ぶという、まさに“降板ドミノ”を象徴する出来事といえるだろう。サントリーがスポンサーを務めている限り、香川を「日曜劇場」で見ることはないのかもしれない。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合