NEW

BLACKPINK、世界的ヒットの秘密…韓国、国を挙げた20年間の努力が結実

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
BLACKPINK、世界的ヒットの秘密…韓国、国を挙げた20年間の努力が結実の画像1
BLACKPINKのInstagramより

 世界的人気を誇る韓国のK-POPガールズグループ・BLACKPINK。8月19日に配信リリースした「Pink Venom」は公式YouTubeでもMVが公開されており、24時間で再生回数9040万回を突破して女性アーティスト世界最高記録を更新したことなどがニュースになった。

 そんな「Pink Venom」をめぐって9月5日、KBSテレビ(韓国放送公社)の審議で放送不適格と判断され、同局の音楽番組『ミュージックバンク』のチャート「K-チャート」から外されたことが話題に。報道によると、「Pink Venom」の歌詞にフランスの高級ブランド「CELINE」が出てくることから、放送審議規定第46条(広告効果の制限)に反するという判定を受けたという。

 しかし、BLACKPINKが所属する韓国の芸能プロダクション・YGエンターテインメントは、問題の歌詞を修正したり再審議を要請したりせず、「Pink Venom」が『ミュージックバンク』で放送不可とされることを受け入れたもよう。ネット上のファンからは「NGなら仕方がない」「たしかにヒットしてるのにチャートから外すなんて意味がわからない」など、さまざまな意見が寄せられているが、YGエンターテインメントの方針に理解を示す声も少なくない。

 そもそも、BLACKPINKは韓国出身のジス、ジェニー、ニュージーランド出身のロゼ、タイ出身のリサで結成され、2016年8月に1stシングル・アルバム『SQUARE ONE』でデビュー。日本では、17年8月発売の日本1stミニアルバム『BLACKPINK』をもってデビューとなったが、そのリリース前に日本武道館にて「BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE」が開催され、「a-nation 2017」(味の素スタジアム)にも出演するなど、すでに大きな注目を集めていた。

 もちろん、BLACKPINKは韓国や日本で活躍するばかりではなく、19年4月にアメリカ・カリフォルニアで行われた野外音楽フェス「Coachella Valley Music and Arts Festival」にK-POPガールズグループとして史上初の出演を果たし、同8月には米レコード協会(RIAA)がシングル「DDU-DU DDU-DU」(韓国で18年6月に発売されたミニアルバム「SQUARE UP」に収録)を、K-POPガールズグループでは初めてゴールド認定。なお、「DDU-DU DDU-DU」に関しては19年11月、YouTubeで公開した公式MVの再生回数がK-POPグループで初の10億回を突破したことも話題になった。

韓国、国を挙げた戦略

 20年5月にはレディー・ガガとのコラボレーション楽曲「Sour Candy」を世界同時配信し、57カ国のiTunesチャートで1位を獲得。また、同10月に発売されたBLACKPINKの1stフルアルバム「THE ALBUM」は、歴代のK-POPガールズグループの中で初日、初週、月間売上の最多を更新。21年9月には、アーティスト部門でのYouTube登録者がジャスティン・ビーバーを上回り、世界1位となるなど、あらゆる記録を塗り替えている。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合