NEW

iPhone 14、Type-cとTouch ID非搭載に落胆するファンも…思ってたんと違う

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

アップル社製品のファンにとっては”お祭り”となっている、新作発表会。2022年9月8日(日本時間)に開催された新作発表会は公式YouTubeチャンネルが生配信し、多くのファンやメデイアが見守った。しかし、そこで発表された「iPhone 14」シリーズは搭載されなかった機能がツイッターのトレンドになるほど、一部のファンにとってはガッカリする内容だったようだ。

進化はしたものの…Type-cと指紋認証への期待は裏切られた結果に

iPhone 14、Type-cとTouch ID非搭載に落胆するファンも…思ってたんと違うの画像1
進化も多いiPhone 14 Proシリーズだが、ユーザーの期待は違う部分にあったようだ(画像は「Apple」公式サイトより引用)

新製品のiPhone 14シリーズは「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の4機種。「iPhone 13」にあった「mini」がなくなり、無印のiPhone 14が一番安いモデルとなった。miniに代わり新たにiPhone 14 Plusが登場し、Proシリーズを選ばなくても6.7インチのディスプレイを手にできるようになった。他にも、Proシリーズは画面上部のノッチが小さく、パンチホールに光学6倍ズームで4,800万画素のカメラが搭載されるなどの新機能は最新の上位機種としては良い仕上がりだと感じた。

しかし、一部のファンからは熱烈に期待されていた「USB Type-C」端子の搭載と指紋認証機能「Touch ID」の復活はなかった。SNS上では「Type-Cは採用されなかったので悲しみ…」「指紋認証無いの辛い」と嘆きの声が上がった。

特にUSB Type-Cは、EUで2024年秋までにすべてのスマホやタブレットなどの充電用端子をUSB Type-Cに一本化する法律が成立されるとみられ、「iPhoneもいよいよか!?」と期待されていただけに、落胆は大きい。USB Type-CやTouch IDは、iPhone以外のスマホでは今や標準装備になりつつあるだけに、不満が出ても仕方ない。

6.7インチのiPhone 14 Plusシリーズ
6.7インチのiPhone 14 Plusシリーズ、大画面を楽しみたいユーザーには良いかもしれない(画像は「Apple」公式サイトより引用)

そして、機能と同じぐらいのガッカリポイントとしてよく聞かれたのが価格。今回、一番安い「iPhone 14 128GB」でも119,800円となかなか高額だ。この価格も一部の報道によると、1ドル135円程度で円安が落ち着くだろうという想定でつけられたとされており、このまま円安が続けば値上がりの可能性もある。

2024年にEUが義務化する充填用端子…

続きは【オトナライフ】で読む

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合