NEW

是枝裕和氏ら有名映画監督にハラスメント疑惑浮上…真木よう子が擁護投稿→削除

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
是枝裕和氏ら有名映画監督にハラスメント疑惑浮上…真木よう子が擁護投稿→削除の画像1
真木よう子のInstagramより

 映画監督の是枝裕和氏と白石和彌氏の過去の現場での行為がハラスメントに該当するのではないかという声が相次ぎ、両氏の作品に出演経験がある女優の真木よう子がInstagramで「白石監督や是枝監督もハラスメントでひとを傷つける様な人間ではありません。ハラスメントという言葉遊びは辞めましょうね」と投稿。直後に真木がその投稿を削除(現在は再投稿)するなどの動きをみせたことから、さまざまな憶測が飛び交う事態となっている。

 相次ぐ有名監督や俳優のハラスメント行為の告発に揺れている日本映画界。まず、3月発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、榊英雄氏が映画監督という立場を利用して女優を目指す女性と合意を得ないまま不適切な行為におよんでいたと報道。続けて「文春」は、人気俳優の木下ほうかも同様の行為を行っていたと伝えた。さらに4月発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、映画監督の園子温氏が日頃から女優に、自身の作品への出演話を持ち掛けながら関係を迫っているとスクープ。そして同月発売の「文春」は、園氏の右腕ともいえる存在である映画プロデューサー・梅川治男氏が、立場を利用して女優に不適切な行為におよんでいると報じた。

 こうした悪しき実態に対し、映画業界内からも改善を求める声が相次いでいる。

 カンヌ映画祭で最高賞であるパルム・ドールを受賞した『万引き家族』や『そして父になる』『三度目の殺人』などで知られる映画監督の是枝裕和氏は4月、6人の映画監督連名で、ハラスメントの実態調査や防止のための具体策、第三者機関による相談窓口の設置などを盛り込んだ提言書を日本映画製作者連盟に提出。『凶悪』や『孤狼の血』などで知られる映画監督の白石和彌氏は、6月にテレビ番組『クローズアップ現代』(NHK総合)に出演し、映画界における性加害撲滅の必要性などについて訴えた。

安藤サクラの過去のインタビュー記事

 そんな是枝氏と白石氏の現場でもハラスメントが行われていたのではないかという疑惑が取り沙汰されている。

 女優の安藤サクラは18年に配信されたウェブメディア「FILMAGA」のインタビュー記事内で『万引き家族』に出演した際のエピソードとして、ある日の現場で事前に知らされていなかった服を脱いだうえで男性と行為におよぶシーンの撮影を要求されたとして、「『どうしよう。でも、もう今日だし、どうしよう』とオロオロ」したと告白。同年に配信された「MOVIE WALKER PRESS」のインタビュー記事でも、その相手役だったリリー・フランキーが「なんの予告もなく目の前に前貼りを置かれて、すぐに貼り始めた俺たちもどうかとは思うけど(笑)。普通は『事務所に確認させてください』と言うからね」と振り返り、安藤も「まさか是枝組で、しかも現場に入ってすぐのシーンで『前貼りです』と言われるとは思っていなかったです」と応じている。

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合