NEW

香川照之なしでは成立しない『半沢直樹』『99.9』の続編 テレビ局は「早期復帰」を希望?

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】
香川照之、復帰は意外と早い?の画像1
香川照之(GettyImagesより)

 ホステス女性への「性加害」報道によってCMやレギュラー番組からの降板が続々と決まり、いわゆる“降板ドミノ”状態に陥った俳優の香川照之。このまま「芸能界追放」となりそうな勢いだが、数々の人気作に出演してきただけに「続編制作のために完全に干すわけにはいかない」という業界的な事情があり、思ったより早く復帰する可能性もささやかれている。

 香川はトヨタ自動車やサントリーなどの大手企業CMから事実上の降板となり、金曜MCを務めていた情報番組『THE TIME,』(TBS系)も降板。さらに、NHKで放送されていた『香川照之の昆虫すごいぜ!』シリーズは打ち切りとなり、同局の配信サイトからも削除された。

 降板ドミノの波は正式発表される前だった仕事にまで及び、山崎賢人が主演する10月期のTBS系日曜劇場『アトムの童(こ)』に“ラスボス”として出演予定だったが、降板になったことが明らかになった。放送中のテレビ朝日系ドラマ『六本木クラス』が今月末で終了したら、いよいよ香川はテレビから「消える」ことになりそうだ。

 ネット上では「もう香川照之の顔は見たくない」といった声もあがっているが、香川が役者として有能だったのは間違いなく、テレビ局としては「NG」を出し続けるわけにもいかない。特に顕著なのが、香川が出演したドラマがドル箱シリーズになっていたTBSだ。

 香川は同局の看板ドラマ枠「日曜劇場」に10本以上出演してきたが、その中でも代表作ともいえる大和田常務を演じた『半沢直樹』と、嵐・松本潤の主演で劇場版も製作された『99.9-刑事専門弁護士-』はとりわけ人気が高い。

 くしくも昨年、『半沢直樹』は演出を務めた福澤克雄監督が「まだ原作がないので何とも言えませんが、できれば半沢直樹が頭取になるぐらいまで作っていきたい」と発言し、『99.9』については劇場版公開時に香川自ら「次回作でもう一度戻ってきたい」と話しており、両作とも続編が期待される状況となっていた。

 どちらも香川が演じていたキャラクターなしでは成立しない作品で、もし彼が芸能界追放となれば二度と続編が作れなくなる。また、他局にとっても香川が出演したドラマの再放送や配信がやりづらくなると困るという事情があり、業界内では「ほとぼりが冷めたら、できるだけ早く復帰させるべき」という見方が強まっているようだ。

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合