NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『家庭教師のトラコ』予想外の不振に落ち込む日本テレビの苦しい事情

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, ,
「家庭教師のトラコ|日本テレビ」より
家庭教師のトラコ|日本テレビ」より

家庭教師のトラコ』『初恋の悪魔』『新・信長公記』……今夏はとにかく日本テレビのドラマが奮わない。視聴率、配信再生数ともに夏ドラマの下位に低迷し、話題にすらあがらないことが苦しさを物語っている。

 ただ放送前、日テレの関係者たちはそれなりの自信を見せていた。『家庭教師のトラコ』は『女王の教室』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』(すべて日本テレビ系)などの遊川和彦、『初恋の悪魔』は『Mother』(同)、『最高の離婚』(フジテレビ系)、『カルテット』(TBS系)などの坂元裕二が脚本を手がけるだけに、「視聴率と配信再生数のどちらもコケることはないだろう」と見られていた。

『新・信長公記』も人気ジャンルの歴史ファンタジーである上に、戦国武将のクローン役にそろえたキャスティングも豪華。それなりの勝算があっただけに、日テレ関係者の落胆ぶりを何度も聞いている。

 なかでも最も嘆きの声が聞こえてくるのは、『家庭教師のトラコ』。水曜ドラマで30年弱に渡って脚本を手がけてきた遊川和彦のオリジナルであり、「ミステリアスなヒロインが破天荒な方法で問題解決していく」という筋書きもこれまで同様だけに、大ヒット狙いで「少なくとも大コケはないだろう」と見られていた。

遊川和彦の作家性に懸ける日テレ

 しかし、その「ミステリアスなヒロインが破天荒な方法で問題解決していく」という筋書きは、『女王の教室』『家政婦のミタ』『○○妻』(日本テレビ系)などでさんざん見せてきた言わば“遊川フォーマット”。もはや視聴者から飽きられていて、だからこそ日テレでの近作は『過保護のカホコ』『同期のサクラ』『35歳の少女』という「こんなヤツいねえよ」と思わせつつも身元の明らかなヒロインの物語を手がけてきた。

 ところが今回はミステリアスに回帰した上に、一般家庭に入り込む家庭教師の設定は『家政婦のミタ』に似ているという「どこかで見たようなもの」。だからこそ『家庭教師のトラコ』は「お金の使い方を教える」という差別化の設定を加えたのだが、それだけでは視聴者の熱狂を再燃させられなかった。

 日本テレビで遊川作品の大半を手がける大平太プロデューサーは“脚本家・遊川和彦”を信頼し、その作家性を最大限に尊重。つまり、「自由を与えることでオリジナリティのある作品にしよう」というタイプのプロデュースを繰り返してきた。しかし、遊川がテレビ朝日で手がけた『ハケン占い師アタル』『となりのチカラ』が視聴率・話題ともに不振で終わったことも含め、そのスタイルが通用しなくなってきた感は否めない。

 そろそろプロデューサー主導の形で、“遊川フォーマット”ではない新たなコンセプトの作品を手がけなければいけないタイミングなのに、「そこから離れられない」という消極性が『家庭教師のトラコ』の不振を招いた感がある。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合