NEW

ゆたぼん「不登校児に勇気を与えた」報告も具体性なしで疑問の声 日本一周中に炎上多発

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】
ゆたぼん「不登校児に勇気与えた」宣言も具体的な報告なしの画像1
YouTube『少年革命家ゆたぼんチャンネル』より

 クラウドファンディングで資金を集めて日本一周企画に挑戦している「少年革命家」こと不登校YouTuberのゆたぼんをめぐって、炎上騒動が相次いでいる。

 日本一周企画は「全国の不登校の子どもなどに元気と勇気を与えたい」という名目で487万円の資金を集め、6月末に専用車「スタディ号」で出発。最初こそ新潟で不登校児と触れ合うなどしたものの、以降は各地の名所を訪れたり、支援者からご当地グルメをご馳走になったりといった動画が増えたことで「ただの食い倒れツアー」「観光してるだけでは」などと批判され、一時は支援金の返金を求める署名活動にまで発展した。

 ゆたぼんは「35人以上の不登校児に会っているけど、撮影と掲載の許可をもらえなかった」と説明していたが、今月13日に投稿した動画で不登校児と触れ合ったことを久々に明かした。

 動画は「生まれた町で不登校の子に元気と勇気を与えてきた」と題され、ゆたぼんの生まれ育った大阪で撮影。支援者から誘われた地元の体操クラブを訪れ、トレーナーのサポートを受けながらバク転を成功させるなどした。

 その後、ゆたぼんは支援者にご飯をご馳走になって不登校児と会ったことを報告。しかし、支援者や不登校児は「顔出しNG」とのことで、顔を隠した不登校児とのツーショット写真が提示されたのみで具体的な触れ合いの内容は明かされず。ゆたぼんが「不登校やからアカンということじゃない」「やりたいことを全力でやって自由に楽しく生きて、ハッピーで笑ってたらいいんちゃうかな」などと語るにとどまった。

 しかも、8分の動画のうち大半は体操している場面で、最後の3分間は過去シーンをまとめたエンディング映像。「不登校の子に元気と勇気を与えてきた」というタイトルと内容が合っていないと疑問の声が集まっているようだ。ちなみに、異常にエンディングが長いのは、8分を超えると動画の途中に広告を入れられることが関係している可能性もある。
(参照:YouTubeヘルプ「長い動画のミッドロール挿入点を管理する」)

 これに限らず、最近のゆたぼんは炎上続きだ。3日に人気YouTuberグループ「Repezen Foxx」のライブ配信に出演した際、中学2年生なのに九九のかけ算に苦戦したことで心配の声が集まる事態となった。

 ゆたぼんは8日に自身のTwitterで「九九ができひんとか本気にしてる奴マジで笑えるねんけど、エンタメもわからんとか終わってるやんw」と記し、企画を面白くするための“演出”だったと主張。しかし、これに対して「不登校で九九が言えないとか心配になるだけで面白いわけない」「演出でも『九九すらできない』ってイメージが広まったら他の不登校児の立場が悪くなる」などといった意見が寄せられ、炎上騒ぎになった。

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合